Naotoの日記

読書・ニュース系の簡単なコラム

芸人の道は厳しいのかもしれないー『山田花子の東大への英才教育』

芸人の道は厳しいのかも

山田花子さんが英才教育を子供にしているそうです。結構びっくりで、同じ芸人の道だけではなくて、幅広い選択肢を選ばせたいという考えがあると思います。確かに東大に入って頑張れば選択肢は広くなりますし、母親としては安心度が高くなります。山田さんはプライベートでは母親で子供想いなんだなと思いました。芸人の道は厳しいですし、2世芸人で成功するのはかなり難しい。山田さんのお子さんが山田さんと同じラインに立つことすら芸能界、お笑い界では非常に厳しいのが現実。芸人山田花子ではなく、母親としてきちんと子供の未来と考えているのは素直にすごいと思いました。テレビを見ていると、芸人の子供自慢などは見たことがありますけど、割と有名な芸人さんで英才教育というのはあまり見たことがないですね。同じ芸人になることは反対しても、伸び伸び育てているイメージがありました。山田さんは昔から新喜劇で見ていましたが、想像と違った母親像だったのでちょっとびっくりしているというのが実感です。母親ってすごいなと。

山田花子 子供を「東大に」の英才教育明かす/芸能/デイリースポーツ online

www.daily.co.jp

子供の将来

 子供を東大に入れたい理由については「自分がなりたいやつ(職業)を、色んな選択肢をあげたい。東大やったら政治家にもお医者さんにもなれる」と説明していた。

中々に堅実ですね。本当に子供の未来と考えると思います。確かに英才教育には是非があって自由性が失われると言いますけど、今の時代はまだ学歴社会ではあります。それに山田さんが芸人という個性の塊で勝負する世界で生きてきたからこそ、選択肢の幅を広げていきたいんですね。教育ママとは言いませんけど、選択肢の幅を広げるために学歴を持てとはよく聞きますけど、学歴があれば選択肢の幅は広がりますからね。芸人でもオリラジの中田さんは慶應ですし、ロザンの宇治原さんは京大出身ですから芸人になるとしても学歴があれば芸人+コメンテーターなどで勝負できたりするんで。山田さんが新喜劇で笑わせてくれた時代を思い出しますけど、母親なんですよね。子供の将来ってすごく大切。山田さんはいい母親なんだなあと感じました。

【ライフ】妻は他人であるということー『夫婦関係を円満に続けていく秘訣』

妻は他人

割りと、このことを考えている人はどのぐらいいるのだろうか?別に奥さんでなくてよくて、彼氏・彼女、息子・娘に置き換えてもいいと思う。共同生活している人は他人。その境界線ってすごく大事で、「○○は俺のもの」とか「□□のために人生のすべてを捧げる」って考えはすごく危ない。ただでさえ、結婚すると家庭に入るのが良いとされている現代日本で、こういう発想ができるなんてすごいなあと感じる。一番すごいのは、男性側が主体的に考えているという点。普通なら、男性>>女性が無意識に頭に働くので、相手のことは考えなくなってしまう。これは親の姿や社会生活でよく見る光景だから。相手を他人と考えることで、配慮できるし、「ありがとう」とも言える。男性は本当にありがとうと言える人が少ないと思う。やってくれるのが当たり前という思考回路になっているし、中々そこから抜け出すのは難しい。ルームシェアをイメージすれば良いのだけど、相手は自分の思い通りなんかに絶対にならない。だからこそ、お互いに配慮する必要性が出てくると思うんですけどね。

夫婦関係を円満に続けていく秘訣を描いた漫画に「これ大事」「人間関係全てに使える」 - Togetterまとめ

togetter.com

普通するでしょう?という洗脳

「普通するでしょう?」という言葉。まるで洗脳に近い。完全に先入観がビシバシ効いていて、人の言葉を受け付けなくなっている。夫だから、妻だから、親だから、子供だから……。色んなバリエーションがあるけれど、そこから「普通」という考えが生まれてしまう。非常に怖いのだけど、人間はその普通をベースに生きていくからどうしようも無い部分もある。夫だから家族のために生きるのが当然でしょ?とか妻だから家事をするのが当たり前だとか。あくまで他人と考えれば、相手が疲れていたら今日は俺(私)がしようとか思うでしょうし、思いやりが出てくるはず。「普通」という言葉は日本人が大好きで、10代の頃から会話で出てきますけど、普通というのはあくまで平均的な行動であって、自分の配偶者や子供にとってはそうじゃない。それを誤解すると仲が悪くなってしまったりするんで、本当に他人と考えるのは大事。ただ、疲れているときやストレスが溜まっているときには、そんな余裕はまったく無くなります。そんな時には家庭内擬似的別居みたいな空間が欲しいと思うんだけど、お金がないと無理かなあと。考えていくと結局自分の疲労とストレスの議論になってしまうのは悔しい。

【グルメ】健康志向で男性にも人気のオススメサラダー『夏のコンビニの「主食サラダ」』

夏のコンビニ「主食サラダ」 健康志向で男性にも人気

news.tbs.co.jp

男性も健康志向

コンビニでサラダが人気らしい。私も買うけど、確かに美味しい。100円程度でカットキャベツや緑黄色野菜などが買える時代なのが非常に有り難い。若い頃には、サラダは嫌いだったけど、病気をしたり、加齢だったりで健康が気になる人が多いだろうなと思う。実際にきちんと野菜を摂取しないと30代以降は苦しい。肉ばかりの生活はプロアスリートでない限りは30代後半以降に大量に食べれなくなるという。理由はハッキリしないが、身体が受け付けなくなる。それよりもサラダ。サラダならカロリーも低いし、サクっと食べることができる。人間の心と同じで、年を取れば角が取れてくるのだろうか。私としては、サラダは好きなので、このご時世は有り難い。

男性が健康志向というけど、実は昔からあったのだと思う。ただ、気軽に買える環境ではなかったというのがその理由。コンビニがそこら中にある世の中では無かったし、野菜もカットするのが面倒くさかった。だから、つまみで工夫したりする。今はつまみでサラダを食べる時代。サラダといえばダイエットに不可欠。それが男性にもライザップなどでダイエットが注目されて、今ではコンビニサラダまで人気になってきた。飲み屋などでもサ ラダは定番だが、自分から食べるのはちょっと恥ずかしい。そんな想いがコンビニサラダの隆盛と重なったのがこの主食サラダなのかもしれない。私としては、 セブンイレブンの冷凍カットサラダが好きなんだけど。

【野球】岸へのヤジには愛と憎しみが入り混じっているー『岸孝之へのブーイングの是非』

岸へのヤジには愛と憎しみが入り混じっている

私は楽天イーグルスのファンなのですが、岸孝之選手へのヤジには思うところがありました。岸といえば西武ライオンズのエースで長年活躍してきた選手。他球団に渡るとその選手でさえ壮絶なヤジが飛ぶと事実を再認識しました。

確かに楽天に行ってしまいましたけど、西武ファンにとっては愛から憎しみに変わってしまったということ。愛し続けていた選手だけに西武に残ってほしかった。今までの想いを返せ!!となっているんでしょう。

【西武】かつてはヤジも楽しみの一つだったが……岸孝之へのブーイングの是非 | 文春オンライン

bunshun.jp

愛と憎しみが生まれた

愛が深いほど憎しみが強くなるのは恋愛などと似ています。愛と憎しみは表裏一体と聞いたことがありますけど、ある日の行為で一気にその人への想いが変わってしまう事実。野球でもそれは同じということがわかりました。

エー スだったからこそ、愛していたからこそ岸が憎くなってしまう。それに同一リーグというのも拍車をかけています。できれば同一リーグで見たくなかった。メ ジャーやセ・リーグに行ってほしかったという声は聞こえてきました。悲しいですけど、これも野球の運命の一つなのかなと。

 

実情無視の月末金曜日に設定したのが良くなかったー『プレミアムフライデー失敗の理由』

実情無視の月末金曜日に設定したのが良くなかった

プレミアムフライデー。今年の2月から始まった強制15時退社を促すようになったイベント。月末の金曜日だけなんですけど、実際に15時で退社しているという声が少ないのが気になります。大手企業でその中でも数少ない企業だけが実施でてきる気配あり。

旅行業界、飲食業界などお客が見込める日なので、これらの業界で働いている人は休み難い環境です。さらに、テレビ業界も取材やら何やらで定時にすら帰ることが難しいはず。

そもそも、プレミアムと銘打っていますけど月末の金曜はその月の最終営業日になる可能性もあるので普通に忙しいことも多い。だから、午後休とか15時退社は翌月の負担が意味なく大きくなるんで休みたくないという人が出てくる可能性が高い。結果的に、プレミアム感は名前だけで、休めるのはほんの一部の業界のみということになります。何か格差社会の影を感じたりするんで、怖くなってきます。ニュースでは、ハロウィンのように定番にイベントにしたいそうですけど、一年に一度と毎月ではまったく違うと思うんですが。

president.jp

低迷する個人消費を喚起する対策らしい

プレミアムフライデーができたのは、個人消費を喚起するのが理由らしいです。休みを多くすることによって、消費を促して景気を良くすると流れだと思います。これは私達の立場からしたら嬉しいかと思いきや、実際には休めないからあまり意味がない。

休めるのは都会の大きな企業で、15時で帰っても仕事に影響がない人達ということに。特に月末となると、月によっては滅茶苦茶忙しい所もあるので、中々プレミアム感を楽しむ余裕がないです。個人消費と言っても、帰る時間を早くしたらその分遅くまで遊んだりしないと思います。

消費を上げたいなら、逆に給料を上げるとか、残業代を上げるなどするのが一番なんですけど、今の日本だとそれが無理。できるのは資本的に余裕のある企業だけなんで、政治家達はやっぱり大企業を優遇したいということなんでしょうか。しかも、その中でも毎月午後休や15時退社が実現できる企業ってそんなにないような。頭の良い人達が考えた施策なんでしょうけど、現実感に乏しい気がします。もっと他に考えることがあると思います。

毎月末の金曜日という設定

プレミアムフライデーで気になったのは、月末の金曜日ということ。一般的に考えて、月末の金曜日というのは忙しい。定時には帰れる所もあるでしょうけど、15時は早すぎる。取引先などの打ち合わせなどで中々早く帰れない場合もありますし。

さらに、毎月というのも酷な話です。ハロウィンや恵方巻など私が子供の頃には有名で無かったイベント。これらはプレミアムフライデーと同じ個人消費を上げるのが目的ですが、毎月のイベントではないです。1年間で12回も15時退社があるというのはちょっと信じられない。

これが月初だと話は別なんですけどね。月初は月末ほど忙しくないですし、ある程度の余裕があったりします。毎月は難しいですけど、3ヶ月に1回ぐらいだと実現できる可能性はあると思います。月初めに早く帰れる日を作ったとして、それを目標に頑張れますし、余裕があればプレミアムプレミアムで月初の金曜を休みにして3連休にしてもいい。

気になるのは、ニュースなどではこれが当たり前になるよ的な話が続いていること。週休2日制のようにしばらくすれば定着するといいますけど、すごく楽観的に思えます。帰る時間を2時間早くしてもそれほど大きな効果があるのでしょうか。

月初の月曜日

月初の月曜日なら問題ないように思います。

サービス産業の活性化なら、月初の月曜日に早い時間帯の終業を促す「プレミアムファーストデー」を提言したい。月初は仕事も少なく、導入企業も増える。店側からすれば月曜日は人気が比較的少なく、収益化への寄与度も高い。そのほうが内需活性化、企業の収益アップに効果があるはずだ。

店側にもメリットがあり、月曜が早く帰れるならやる気も出るはず。飲食業会からしたら月曜のメリットが非常に大きいですね。月曜には翌日が仕事のこともあり、寄り道せずに帰ることが多いですから。なぜ月末の忙しい時期をプレミアムにするのか気になります。経済学の専門家の詳細なデータでもあるんでしょうか?

とは言っても、3年後ぐらいに定着していたりして。日本人というか人間は慣れる生き物なので、割と普通なことになるかもしれません。週休2日制も有名無実化している企業もあると思うので、結局プレミアム感でも回る企業にいれば月末の金曜日を楽しく過ごせることができるでしょうね。それにしても、なぜ今年の2月からだったのか……。あまりに中途半端なんですけど。4月ならまだ帰れる人が多かったはずなのに。