Naotoの日記

読書・ニュース系の簡単なコラム

『遠距離恋愛』と『環境の変化による別れ』について考えてみたー『イニシエーション・ラブ』を読んで

 イニシエーション・ラブは恋愛小説で、最後のどんでん返しがすごいと評判でした。読んだ感想としては、確かにビックリしましたけど、それ以上に遠距離恋愛になると、人って変わってしまうのだなあと感じたりも。静岡と東京の間でやり取りされる話なわけですが、徐々に男性の気持ちが離れていくのが見ていて切なくなりました。遠距離恋愛って色んな小説やドラマになっていますけど、恋人が東京に行って気持ちが変わってしまうというのは、実際の社会でもよくあることだと思います。この小説を読んでから、最初から読み出すと、伏線からかなり悲しくなると思います。

 

 遠距離恋愛って難しいと思いました。特に社会人になると、人間関係がガラッと変わりますし、精神的にも不安定になります。近くにいると、すぐに会うことができますけど、遠距離だと会えないので、心配がつのります。小説の中だと、男性が一人のある女性と出会うことで、大きな転換期を迎えます。実際にもありそうなシチュエーションなのですが、人間関係って難しい。純愛という言葉もある通り、ずっと愛し合うこともできますけど、距離が離れるとどうしても他の異性と付き合うことになるのは仕方がないのかもしれません。小説だけの話ならいいですけど、遠距離で別れるという話は現実でもよく聞きます。

 

 社会人になって、環境が大きく変わってしまうと、それまで大切にしていた物を捨てたり、人間関係を断ち切ったりするという話も聞きます。価値観が変わってしまって、『学生時代の考え方=甘い考え』と言い切るようになってしまい、それが大人への成長かもしれませんけど、割と悲しいことは確かです。社会人って、リアルにお金や将来が迫ってきて、突然、嵐の中に置き去りにされるようなもの。親の強いコネとかあればまた別かもしれませんけど、それぐらい過酷な現実を突きつけられたりしまう。学生時代の甘いノリなんかはもはや通用しなくなる。

 

 だから、学生時代に付き合っていた異性とも考え方が違ってしまって、別れてしまうということになるのだと思います。実際、社会人になって考え方が変わってしまった人もいますし、将来のことを無計画だった人が、いきなり老後のことを考えて働いていたりもします。それって結構怖いことだとは思いますし、それが真面目な普通の社会人と世間は言うのですけど、人間の本質は変わってほしくないですね。就職した会社にもよると思います。激務な職場だと、余裕がないのでキツい性格になったり、逆にゆるい職場だと朗らかな優しい性格になったりと。まあ、独断と偏見なので実際にはもっと複雑なはず。

 

 『いま、会いにゆきます』のように、不器用な二人が出会って、そのまま結ばれるような小説もあるんですけど、実際には中々上手くはいきませんよね。恋愛小説って、ドロドロした話と綺麗な話に別れていて、いま会いは綺麗なハッピーエンドだと思います。高校生ぐらいはこんな未来もあるかなあと思ったりもしたけれど、現実って小説よりもドロドロしていたりして、リアルな人間関係に苦悩することもあります。擬似体験できるのが小説の強味ですが、恋愛小説って読んでいると昔の体験とか被ってしまって、ときどき感傷にふけることもあります。

 

 遠距離恋愛って悲しい結末になることもありますけど、高齢になったときに、こんなこともあったなあと思えるぐらいだったら面白いのですけどね。

 

『今の探偵小説』と『昔の探偵小説』について考えてみたー『探偵・日暮旅人の探し物』を読んで

 最近は探偵が活躍する小説は読んでいなかったのですが、今回読んでみた、『探偵・日暮旅人の探し物』は現代チックな探偵で少し驚きました。トリックよりも、個人の能力・まわりの環境・人間関係に重点が置かれていて、時代は変わったなあと感じました。2000年代ぐらいまでは、探偵小説と言えば、トリックに重点が置かれていたと思います。化学・物理・叙述的なトリックがメインで、その上に人間関係や感情が出てくるといった構成がありました。ネットなどでそれ系の小説の感想を見てみると、犯人が誰かを割と真剣に考えていたりして、今とは違った認識で小説を読んでいたようです。私は、小説=娯楽と考えているので犯人は誰でもよくて、それに至った動機や感情が大事と考えています。それに、物理的トリックと言っても、現実的には不可能なものも多かったので、読んでいて何だかなあと思ったりもしたこともありました。現代という時代では、トリックよりも人間の行動や動機が大事で、言うならばイメージしやすい、ドラマ化しやすい作品が多くなっています。古典と呼ばれる作品が、アイドルの表紙にすると飛ぶように売れるように、インパクトやイメージ第一優先主義なんでしょうね。

 

 

 とは言っても、探偵小説は『探偵』がメインですから、それは今の時代も同じ。ただ、『探偵・日暮旅人の探し物』は主人公は特殊能力を持っているキャラなので、時代を反映していると思います。ライトノベル的な小説という感想も見かけましたし、ある程度サクサク読める小説が必要になっているだなと感じました。私も、学生ならいざ知らず、社会人になってからは、一日中小説を読みふけることは不可能になったので、ある程度はラクに読めるライトノベル的な小説は嬉しい。もっと大雑把なくくりだと、ライトミステリなカテゴリになっているので、時間がない社会人や若者をターゲットにしている小説なんだと思います。本が売れない時代と呼ばれていますけど、難しい本は専門家にしか売れないですし、儲けようと思ったら、その他大勢の人に売れないといけないわけで、分かりやすい小説が必要になったという背景があります。トリックがメインの探偵小説だと、話の展開は難しくなりやすいですし、読書好きなら問題ないですけど、今では一般向けではないと思います。私としても、読みやすい小説は歓迎ですし、今のニーズに合っているからこそ、ライトノベルやそれと似ている小説が売れているという事実があるんでしょう。

 

 『今の探偵小説』、もっと言えばミステリ小説はキャラの個性ですべてが決まるんだと思います。平凡な探偵で事件を淡々と解決しても面白くないですし、『なぜこのキャラは特殊能力を持ってるの?』『この探偵の過去は何?』と言った無意識の疑問を呈するようなキャラが必要なはず。そうすると、奇抜な格好やあり得ない能力のキャラが必要になってくるわけで、それが今の探偵なんじゃないでしょうか。私の理想の探偵キャラは、京極夏彦さんの作品の京極道だったり、東野圭吾さんの加賀刑事と言った、知り得た情報から頭脳で解決する人達なわけなんですけどね。頭脳で解決するのは同じでも、この作品の探偵・日暮旅人は視覚で見て、そこから解決していくというスタイルなので、前者二人とはどこか違う気もします。もちろん、魅力がないわけではないんですけど、これが今の時代の探偵なのかなと思ったりもするんですよ。あと、表紙の力も強いです。デザインが秀逸で美しい。イメージピッタリで、最近は他の作家の作品でも同じようなものが使われています。アニメ化とかもしあるならば、このデザインを踏襲して作ってほしいなと思います。

 

 今も昔も探偵小説って本質は変わらないと思います。事件があって、犯人がいて、情報を知って、頭を使って事件を解決する。そのスタイルは変わらないです。ただ、気難しい性格や一本気な性格は時代に合っていないのかもしれません。ちょっとフワっとした性格で人にはない能力を使って解決するのが今風のスタイル。もちろん、すべての小説がそうではないですけど、売ろうと思ったらライトノベルに方に寄せるのがいいのだと思います。探偵として硬派ではなくて、『愛』を追い求めるストーリーになっていて、感動させられる話もありました。シリーズ4冊で大きな一つの話になっていて、基本的には短編集として話が続きますけど、先が気になる展開が多くて何回か繰り返して読みたくなります。特に、それぞれの巻で最初の話は『恋愛』『家族愛』がテーマになっているので少し変わった構成になっているのですけど、話に引き込まれます。実写化もされていますけど、表紙のデザインもあるので、アニメ化で見てみたいという想いもあります。探偵小説としてトリックよりも、人間関係に重きを置いた作品となっていますけど、内容は軽くはないですし、『愛』をテーマにしているので、優しい物語も出てきます。昔の探偵とは違いますけど、今の探偵も若者好きな特殊能力持ちで解決するという魅力もあると思います。

 

 

 

表紙のデザインが綺麗で可愛いけど、内容には不穏な空気も漂う小説ー『探偵・日暮旅人の探し物』を読んで

久しぶりに探偵物の小説を読みました。五感を視覚以外を失った探偵が出てきて、事件や問題を解決していきます。読みやすかったですし、表紙のデザインもイメージに合ったのもあってスラスラ読めました。今日は、少し変わった探偵小説のご紹介です!

 

印象に残ったところ

  • 主人公の旅人が優しい性格だけど、最後にダークな雰囲気になったビックリした。
  • 最初の短編は毛色が違った印象。昔の恋愛をテーマにしていて少し感動した。
  • ドラマ化もしていたと後から知りました。見たら良かった。
  • 話は優しいけど、どこか暗い印象も受ける。続巻以降が楽しみ。
  • 普通の人には絶対に見えない旅人の視覚にびっくりした。
  • 五感を失っているからこそ、視覚が進化しているというのは何か悲しかった。
  • 闇医者やちょっと怖い相棒が出てきたりして、不穏な空気が漂ってる。
  • ヒロイン?と保育士の女性がかなりのキーキャラ。旅人の○○の可能性大。
  • 旅人の血のつながらない娘の灯衣のキャラが可愛った。
  • サクサク読める。ライトノベルに近い。
  • ヒロインの陽子が持ってた仮面ライダーのキーホルダーがこれからのポイントになるかも。

読んだ感想

  • 表紙のデザインが良くて、思わず手に取ってしまいました。読んで見ると、イメージ通りのデザインで何度も表紙を内容を照らし合わせたりもしました。
  • やさしい小説だけど、時折見せる旅人の不穏な空気が気になりました。視覚しかないからこそ、人の見えないものも見えるというのがポイントですね。
  • 視覚しかないけど、それで聴覚などを補っているのがすごい設定だなと。昔、お医者さんに聞いたことがあるけど、失った感覚を他の感覚で補うらしい。現実にあるのかもしれない。
  • また、最初の1巻目しか読めていないけど、本屋で見た時にはかなりの巻数があったので、読むのが楽しみになりました。ドラマ化もしていたので、その影響かもしれない。
  • ドラマを少し見ていたら良かったなあとちょっと後悔しています。実写で見たら印象も変わっただろうなあ。

 

人の夢をテーマにしたファンタジー小説ー『神様の願いごと』を読んで

 あやかしや神様が出てくるファンタジー小説なんですけど、世界観が広くなくて、ある街を舞台にして物語が進みます。神様は夢の神様で、夢を持っている人を大好きなんですけど、そんな中、主人公の『千世』は夢を持たない女子高生として物語に関わっていきます。人の夢をテーマにしているので、将来のある高校生が主役なのが良かった。

 

恋愛小説かと思ったら夢がテーマだった

 最初は、『千世』と幼馴染みの高校球児が恋愛関係になっていくんだと思ったのですが、そんなことなかった。夢がテーマで、千世の夢、他の高校生の夢、街の人の夢の方にスポットを当てているから、恋愛要素はほぼ皆無だったけど、ラストの展開とか読者に考えさせる展開で色々と考えさせられました。夢って大事だけど、高校生だと中々見つかりませんよね。

 

夢が好きな説教くさい神様

 神様の『常葉』は説教くさいけど、人々の夢を見てきたからこそ夢を大事にする。といっても、高校生の頃って夢と言われても、ほとんど決まってないはず。私もそうだったし、何かを見つけること事態が難しい。親次第な所もありますけど、高校2年時に明確な夢を見つけているのってすごいと思います。何も考えていないというか、考える暇の無いうちに受験が始まりますし。

 

上下関係のあるあやかし系小説はいい

 千世と常葉の絡みは面白くて、他のあやかし小説のように、上から目線の神様とそれに翻弄される主人公という構図は私が好きな展開です。同じ立場だと青春小説みたいになりますし、ある程度の上下関係があると、物語がしまります。千世のキャラクターは割と好きで、人が困っているのに見ていられないし、一生懸命なのは応援したくなります。

 

大人が見ると夢を見れない

 夢って大人を主人公にすると、現状打破のストーリーになると思うんですけど、高校生を主役にすることで、まだ見ぬ未来に向かって走る姿を読者に見せることになります。高校生が主人公だと、感情移入もしやすいですから。将来があるって素晴らしいことだと思いますし、大人を主役にすると、どうしても厳しい現実感を突きつける展開になります。

 

ほんわかできる優しい小説

 街が舞台になっているので、街が一丸となって事にあたるのはカタルシスがありました。千世の今後をもうちょっと見てみたかったのですが、物語的には完結してしまいましたし、一件落着という所です。読みやすかったですし、猫やたこ焼き屋の問題も身近な事件で、ほんわかしましたし、気軽に読める小説だと思います。

 

まとめ

 沖田円さんの作品は初めてですが、恋愛物のイメージがあったのでちょっと意外でした。ただ、あやかし系のファンタジー小説があちこちで出版されているので、その一環として出された本かもしれません。私はファンタジーが好きなので良いのですけど。物語の中で出てきた、『おまんじゅう』を食べてみたいと思いました。

 

ゴールデンスランバーを思い出すぐらい伊坂イズムがたっぷりー『キャプテン・サンダーボルト』を読んで

 本屋で平積みしていたので気になった作品でした。私の好きな伊坂さんの作品でもあり、阿部和重との合作でもあります。逃亡劇と戦隊ヒーローがテーマなのですけど、色んなキーワードが散りばめられていて、読んでいた楽しかった。主人公サイド・追ってサイド・国家サイドの動きがすごくて、終盤の展開には非常にビックリしました。読んでいて、何となく伊坂さんが書かれたものかな?と思われる部分もあったのですが、明確には分かりませんでした。伊坂作品によく出てくる地名の仙台も出てきて、楽天イーグルスの名前まで出てくるので、楽天ファンでも楽しめる。丁度優勝したシーズンの話ですから。

ゴールデンスランバーに似た躍動感

 伊坂さんの『ゴールデンスランバー』に似た状況で物語は進んでいきます。といっても、完全な巻込まれではなくて、主人公の一人はちょっと危ないことをしようとした結果なのですが。その相棒はまったくの無関係ですが、子供の事で無理矢理参加していきます。ゴールデンスランバーのように、邪魔な人間は抹殺していく悪魔のようなキャラも出てくるので、かなりハラハラドキドキしていきますよ。主人公サイドには、戦闘能力に特化した人はいないのですが、野球の経験を活かして事態を収束させていきます。相棒二人で事件を解決していくのは、水谷豊さんの『相棒』を少し思い出しました。

 

合作とは思えない一体感

 伊坂さんと阿部さんの合作とは思えない作品になっています。伊坂さんの作品と言われても違和感がまったくありません。ですが、伊坂さんにはない文体も所々あって、それを見つけるのが面白かった。登場人物の一人の『相葉』は伊坂作品に登場するキャラだと思うのですけど、もう一人の『井ノ原』は阿部さんのキャラなんじゃないかと思いました。相葉は戦隊ヒーローで言う所のブルーで、井ノ原は冷静なグリーンと言った所。子供が憧れるヒーリー像ではないのですけど、それがこの二人の魅力となっています。戦隊ヒーローも一つのテーマで、この二人との対比となっています。

 

子供のために命をかける父親

 相棒の一人の『井ノ原』は子供の病気を治すために、命を懸けます。お金が必要だから、相葉の提案に乗るのですけど、子供のために頑張る父親像って何だかいいなあと思いました。子供は謎の病気で、借金しても中々良くならないのですが、私も子供の頃に病気がちだったので、何だか親のことを思い出しました。劇中で、「子供はいい」みたいな台詞があるんですけど、シンプルだけど良い言葉。家族のために全力で戦う主人公は共感できます。井ノ原は冷静なんですけど、お金のために危ないスパイみたいなこともやっているのは、賛否ありそうです。

 

幼馴染みの相棒って良いなあ

 相棒同士、小学生時代からの付き合いというのは何かいいと思います。見知らぬ二人だと、信頼が生まれるまでのストーリーが必要ですし、何よりも裏切りの可能性があるので、読んでいて、バッドエンドがあるのではないかと疑ってしまいますから。二人とも、相手に後ろめたいことが少しあって、それが終盤解消されるシーンは王道ですけど、安心感がありました。ドラマの『相棒』のように警察を舞台にした物語なら、見知らぬ二人でも物語はできますけど、一般人だと何か共通点がないと中々協力的にはなりません。だから、幼馴染みというのは戦隊ヒーロー的にも面白かった。

 

相葉は伊坂さんのキャラクター?

 主人公の一人の相葉は、伊坂作品のキャラが濃かったです。真面目に働いていないのですけど、母親や実家のことを考えていたり、後輩を救おうと思ったりしたりと、根は善人。ヒーローのブルー的な役割に回ることが多いのですが、やっていることは滅茶苦茶で、まわりからは慕われるけど、社会に出ると距離を置かれそうなそんな人物像。中盤あたりで、ある女性と仲が悪くなるんですけど、案の定、ラストに付き合うので、女性からしたら魅力ある人間だと思います。伊坂作品に登場するキャラのような台詞を話したりするので、私はこのキャラは伊坂キャラだとは思うんですけどね。

 

まとめ

 戦隊ヒーローがテーマの作品で、二人の相棒の活躍劇がとても面白かったです。考え方が普通ではないけど、根は善人の相葉と、子供のために頑張るあたり、スパイのような行動をする井ノ原は良いコンビだと思います。元々幼馴染みで、その逃亡劇が読んでいてドキドキするも、楽しかった。私は気づきませんでしたが、二人の名前って、あるアイドルグループの人達の名前なんですよね。井ノ原の子供の名前は『健剛』ですし、アイドル好きなら一発で分かったかも。ドラマ化は残酷なシーンがあるため難しいでしょうけど、続編とか外伝は見てみたい。でも、物語的には収束してしまっていますし、合作になっているので実現の可能性は低いかもしれません。