ブログ解析〜打ちながら読書〜

ニュースや本についてのコラムを書いています

感想

【読書・感想】『いま、会いにゆきます 市川拓司』ー男女愛、家族愛をテーマにした小説

いま、会いにゆきます (小学館文庫) posted with ヨメレバ 市川 拓司 小学館 2007-11-06 Amazonで購入 Kindleで購入 楽天ブックスで購入 話題になった恋愛小説です。主人公の秋穂巧と息子の佑司の元に、死んだはずの妻の秋穂澪が戻っていき、短い間ですが再…

【読書・感想】『週末陰陽師~とある保険営業のお祓い日報~ 遠藤 遼』ー保険営業と人助けがメインな話

週末陰陽師~とある保険営業のお祓い日報~ (SKYHIGH文庫) posted with ヨメレバ 遠藤 遼 三交社 2017-04-10 Amazonで購入 Kindleで購入 楽天ブックスで購入 陰陽師を題材にした小説で、面白かった。主人公の小笠原真備、姉弟子の御子神ゆかり、式神の梨華、そ…

【書評・感想】『オーデュボンの祈り 伊坂幸太郎』ー伊坂さんのデビュー作で、不思議な島の話

オーデュボンの祈り (新潮文庫) posted with ヨメレバ 伊坂 幸太郎 新潮社 2003-11-28 Amazonで購入 Kindleで購入 楽天ブックスで購入 伊坂さんのデビュー作。ある独特な環境での島での物語。日本の法律があまり通用しない、日本ではない島。ある事件から逃…

【書評・感想】『ビブリア古書堂の事件手帖 三上延』ーヒロインの栞子さんは将来母親と同じ道を歩みそう

ビブリア古書堂の事件手帖―栞子さんと奇妙な客人たち (メディアワークス文庫) posted with ヨメレバ 三上 延 アスキーメディアワークス 2011-03-25 Amazonで購入 Kindleで購入 楽天ブックスで購入 鎌倉にある古書店が舞台の小説です。美人の店主とアルバイト…

【書評・感想】『陽気なギャングが地球を回す 伊坂幸太郎』ー映画化もされた銀行強盗が主役の小説

陽気なギャングが地球を回す (祥伝社文庫) posted with ヨメレバ 伊坂 幸太郎 祥伝社 2006-02-01 Amazonで購入 Kindleで購入 楽天ブックスで購入 4人の人間が銀行強盗をするという物語でした。銀行強盗の過程で、事件に巻込まれながらも、4人の 能力を活か…

【書評・感想】『ラッシュライフ 伊坂幸太郎』ー長編だけど、登場人物が魅力的で読みやすい

ラッシュライフ (新潮文庫) posted with ヨメレバ 伊坂 幸太郎 新潮社 2005-04-01 Amazonで購入 Kindleで購入 楽天ブックスで購入 4人の人間が織りなす不思議なストーリー。短編が4つというわけではなくて、4人の話が微妙に繋がっていき、最後に繋がって…

【書評・感想】『尾道茶寮 夜咄堂 おすすめは、お抹茶セット五百円(つくも神付き)  加藤 泰幸』ーつくも神が可愛くて、続編にも期待

尾道茶寮 夜咄堂 おすすめは、お抹茶セット五百円(つくも神付き) (宝島社文庫) posted with ヨメレバ 加藤 泰幸 宝島社 2016-10-06 Amazonで購入 Kindleで購入 楽天ブックスで購入 『お茶』と『つくも神』を題材にした小説です。少女とおっさんと犬のつくも…

【映画・感想】『スパイダーマン ホームカミング』ーアイアンマンも登場する明るいスパイダーマン

スパイダーマン トリロジーBOX [Blu-ray] posted with カエレバ トビー・マグワイア ソニー・ピクチャーズエンタテインメント 2012-05-23 Amazon 楽天市場 『スパイダーマン ホームカミング』を見てきました。『シビルウォー』でアベンジャーズ入りを果たし…

『アインシュタインが父として息子に語った「学習法」』ー情熱・笑いがベスト

重力とは何か アインシュタインから超弦理論へ、宇宙の謎に迫る (幻冬舎新書) posted with ヨメレバ 大栗 博司 幻冬舎 2012-05-29 Amazonで購入 Kindleで購入 楽天ブックスで購入 天才アインシュタインが父として息子に語った「学習法」が深い | ライフハッ…

【映画・感想】 『トランスフォーマー/最後の騎士王』ー2時間超えの長編、劇場で見るのがベスト

トランスフォーマー [DVD] 出版社/メーカー: パラマウント ホーム エンタテインメント ジャパン 発売日: 2012/07/13 メディア: DVD クリック: 1回 この商品を含むブログを見る 『トランスフォーマー/最後の騎士王』を観に行ってきました。CGを駆使したアクシ…

【書評・感想】『秘密 東野圭吾』ー男性視点と女性視点だと感想が全然違う話

秘密 (文春文庫) posted with ヨメレバ 東野 圭吾 文藝春秋 2001-05-01 Amazonで購入 Kindleで購入 楽天ブックスで購入 誰しも『秘密』を持っています。東野圭吾さんの『秘密』はある夫婦の物語。娘の身体の中に妻の魂が入ったというSFのようなお話。男性か…

【書評・感想】『首折り男のための協奏曲 伊坂幸太郎』ー首折り男と黒澤が出てくる短編集

首折り男のための協奏曲 (新潮文庫) posted with ヨメレバ 伊坂 幸太郎 新潮社 2016-11-28 Amazonで購入 Kindleで購入 楽天ブックスで購入 首折り男と聞くと、『怖いイメージ』しかありませんが、伊坂さんの世界では割とよく出てくる人物。短編集ですが、一…

【書評・感想】『タイムカプセル浪漫紀行 松山剛』ー王道のストーリーでラストのエピローグで涙が……

タイムカプセル浪漫紀行 (メディアワークス文庫) posted with ヨメレバ 松山 剛 KADOKAWA 2016-12-22 Amazonで購入 Kindleで購入 楽天ブックスで購入 タイムカプセル浪漫紀行は、昔亡くなった女の子の幼馴染みが主人公の元にやってきて、絶望を希望に変えて…