Naotoの日記

読書・ニュース系の簡単なコラム

読書

【読書】娯楽小説を5つのカテゴリーに分けてみた

小説が好きなので、5つのカテゴリーに分けてみる。もちろん、これ以外にも分けることができるし、狭い分野だけのせておきます。学生の頃から読んできているけど、だいたいこの5つの分野の本を読んでいたりする。自分の感性に合うのが下記の分野の本。読書…

『ノート・勉強・大学で売れた本』〜思考の整理学を読んで〜

東大と京大で売れているらしい『思考の整理学』である。あまり読もうと思わなかったが、著者の他の本を読んでいたので、興味が湧いたから読んでみた。整理学というけど、かたい本ではなくて、一つの見出しごとに数ページの文章が綴られていた。勉強法という…

ヒーロー・公務員・自営業〜人を助ける出発点は、 自分の立ち位置を明確にすることから〜

ヒーローは好きだ。子供の頃には仮面ライダーや戦隊物を見ていたし、今でものアベンジャーズシリーズなどのMCU(マーベル・シネマティック・ユニバース )を見ている。強いヒーローが一般市民を守ったり、仲間同士で助け合う姿はいつになっても良いものだし…

子供に本を読ませるにはどうしたらいいか?

子供に本を読ませるなら、表紙などを見せてもいいと思うけど、一番は親が本を読むこと。子供って親の背中を見て育つと言うし、親の趣味や日常に多いに影響される。子供に読ませる前に、親が本を読むべきだと感じる。 www.lifehacker.jp でも、普段本を読んで…

小説ってオワコンなの?

小説って読書じゃない!という意見があります。確かに、深く考えなくても読めることが多いですし、勉強になった!ということは意外と少ない。気軽に読めるのが利点の一つですし、小難しいと逆に読者が離れてしまうという危険性もあります。 gendai.ismedia.j…

自分の武器になる読書って何?

読書って自分の武器になるんだろうか?と疑問に思うことがあります。読む分野にもよるんですけど、将来の役に立つのかなあと大学生の時にも感じています。読書って即効性がなくて、徐々に貯めた知識が効果を持つので、本を読んでいる直後に疑問を持たずにい…

【名著・オススメ】読んだビジネス書

・読んだビジネスのまとめ 東大読書 「読む力」と「地頭力」がいっきに身につく 東大読書 作者: 西岡壱誠 出版社/メーカー: 東洋経済新報社 発売日: 2018/06/01 メディア: 単行本 この商品を含むブログを見る 東大と読書の関連性がある2大キーワードが目に…

夏休み定番の読書感想文と宿題について

夏休みと言えば、旅行、買い物、エンタメなど色んな楽しいことがありますけど、子供にとっては、半分楽しい、半分苦しい時期でもあります。 そんな夏休みについて、『読書感想文』と『宿題』は非常に繋がりの深い関係にある。僕も苦しんだ読書感想文。いつに…

読書とアウトドアについて

最近、読書ってなんだろう?と考えることがあります。結構悩んでいて、勉強するため?教養のため?資格のため?とか考えてしまう。楽しめばいいのに〜と言われても、深く考えてしまって、なんだかなあと。読書読書と別に親から強要されて記憶はないけど、社…

面白かった本③

地下鉄に乗って 永田町の地下鉄駅の階段を上がると、そこは三十年前の風景。ワンマンな父に反発し自殺した兄が現れた。さらに満州に出征する父を目撃し、また戦後闇市で精力的に商いに励む父に出会う。だが封印された“過去”に行ったため…。思わず涙がこぼれ…

面白かった本②

カラフル 自殺を図った中学三年生・小林真の体にホームステイした「僕」と、真をガイドする天使のプラプラが、子供の思春期を共に生きていく青春・家族ストーリー。真の家族関係はとっても複雑で、不倫、喧嘩、意地悪など普通の家族ではない。その中でいかに…

読書についてを読んでー『読書・勉強・対話』

『読書について』は割と有名な本らしい。読書を定義するのは難しくて、何でも読んでいいとは思うけど、勉学・学問・仕事・資格などの意味で読書を使うなら、知識をつけてくれる本を読まないといけない。僕としては、小説や雑誌も読書だと思う。何でも文字を…

雨上がりの印刷所を読んでー『印刷所・就職・未来』

印刷をテーマにした面白い作品だけど、若者が陥る、社会の現実や厳しさが込められていて、結構面白かった。印刷業界の専門用語が飛び交うけど、印刷って奥深い世界。当たり前のように僕たちは書籍や雑誌を読んでいるんだけど、紙の媒体には印刷時にすごく細…

『なにかのご縁』を読んでー『大学生・縁・うさぎさん』

うさぎさんが『縁』を繋ぐ神様というのは意外だが可愛かった。大学生生活の中で、縁を見つけて、縁に振り回される主人公とうさぎさんの組み合わせは印象に残る。神のことを神様というように、うさぎもうさぎさんと呼ばないといけないみたい。うさぎさんの性…

『ビブリア古書堂の事件手帖6 ~栞子さんと巡るさだめ~』を読んで

読んで感じたのは、本なりモノなりを他人から奪い人って怖いってこと。しかも、そういう人は頭も良くて、徐々に追いつめていったりするから手に負えない。まあ、現実社会でもあるかもしれないけど、ドラマや小説などで見てイメージしてしまうと、かなりの恐…

『ちどり亭にようこそ』を読んで

京都を舞台にした仕出し弁当屋さんの話。最近、おやかし系の小説が数多く出版されているけど、京都を舞台にしたほのぼの系小説も多くなってきているから、ちょっと興味があって買ってみた。仕出し弁当屋ということなんだけど、店主は名家のお嬢様だったり、…

読書と健康ー毎日の読書でストレスを減らす

www.mylohas.net 毎日少しの時間、読書をすると健康によい6つの理由 | MYLOHAS 読書を毎日するだけで、健康になるらしい。僕としては、嘘っぽいなとは思う。本を読むことが苦痛の人にとっては逆に不健康になる原因になる。読書が好きで、読むだけで楽しくな…

読書と知識の関係性ー30代からは知性と経験がプラスαで必要になってくる

president.jp 94歳が断言"読書が役立つのは30代まで" | プレジデントオンライン | PRESIDENT Online 外山滋比古さんの本は何冊が読んだことがある。しかし、代表作の『思考の整理学』は読んだことはない。何となく売れている本は読みたくなくて、他の著書を…

読書と年収の関係性ー余裕があるから読書をする・本を読む

www.nomura.co.jp 80年代生まれは本を読む? 読まない? また、読書と年収の関係性は? | 80年代生まれのリアル | EL BORDE (エル・ボルデ) - デキるビジネスパーソンのためのWEBマガジン 読書と年収を書いている記事を見て思うのだが、読書量が多いから年収…

忙しいときに本を読んで、読書を習慣化すること

careerhack.en-japan.com 忙しいときこそ、本を読め!? STANDARD 鈴木智大の読書術 -1年で343冊を読む方法- | CAREER HACK 本を読むことは確かに重要ですけど、何かにフォーカスして読書をするのはもっと大事なこと。インタビューされている鈴木さんは、自…

万年筆は男性への贈り物?

また万年筆をもらってしまった 万年筆は、大学生のときに友達が使っていた。青色のインクで、ドイツ語やら数式なんかを筆記体風な感じて書いていた。僕は、シャープペンが好きだったから、万年筆は特に使わなかった。デパートや文具店に行くと、万年筆コーナ…

読書力って大事だけど、運命の本に出会わないと活かせない

『読書力』という本を読んだ。 読書力は、小説だけではなくて、幅広い分野の本を読むことでついていく力とのこと。 だけど、そのためには、運命の本ともいうべき本に出会わないと中々難しいと思う。 なぜなら、新しい分野の本には拒否反応がどうしても付きま…

マインドマップ 定番の読書術

マインドマップとは、紙の真ん中にキーワードを書いて、そこから関連キーワードを繋げていくという、一つのノートの取り方。大学の友人に教えてもらって以来、頭の中を整理するために使っている。実際にやってみると面白くて、書いているうちに頭の中が整理…

新社会人・新入社員が読むべきビジネス書について思うこと

入社目前!新社会人になる前にチェックしたい「読んでて良かった」ビジネス書31選 高校生や大学生が新社会人になるシーズンが近づいています。ウキウキしている人、緊張している人、不安な人など人それぞれ。そんなときにビジネス書を読むというのは、緊張感…

キャリアアップと仕事のための読書

キャリアアップや違う企業への転職などのニュースを見ていると、一般性<専門性というのがすごく大事に感じることがある。専門性を高めるための読書って大切だと思う。そうはいっても、それは読書じゃなくて、勉強の側面が強いので読書の範疇からは外れるか…

大学生の読書時間は『0分』だけど、小説とかビジネス書以外の専門書を読んでるのでは?

読書時間について興味深いニュースがありました。 大学生の過半数 1日の読書時間「0分」 | 教育新聞 電子版 「0分」と答えた学生の割合は53.1%(文系48.6%、理系54.5%、医歯薬系62.6%) 「120分以上」読書する学生は、04年から4.5%~7.5%の間を推移 読書…

読書メモを使ったインプットのやり方

読書するときには、読書メモをつけると読んだ内容を思い出せたりするので、つけている人は多いかもしれません。何を書くのか結構迷ったりするんですけど、書くなら、プライベートや仕事、趣味に活かした内容を書いていきたいと思うのは自然なこと。 読書した…

『まえがき・あとがき』から読むという読書の中の速読法とは

ビジネス書などでは、速く読みたいから『まえがき・あとがき』から読むという方法があります。基本的に、ビジネス書や読みやすい本だと、まえがきとあとがきに著者のいいたいことを8割ほど書かれているので、全部読む必要はないということが多いです。 速読…

忙しい社会人のための効果的な勉強法について

社会人になると、勉強時間を確保するのが難しいですけど、時間の使いようによっては、上手く使いこなせて勉強時間を持つことができる。実際には、結構切り詰めないと勉強ってできないから、忙しい職種で資格試験って本当に大変だと思います。 勉強ってどうや…

オススメの読みやすい小説

読書をしたいなら、読みやすい小説を見るといいと思います。ミステリ、恋愛、社会派など色々ありますけど、基本的にベストセラー本って読んでいてイメージしやすい。マイナーよりもやっぱり有名な作家の方が記憶にも残りやすいですし。 僕はミステリ小説が好…