ブログ解析〜打ちながら読書〜

ニュースや本についてのコラムを書いています

読書

仕事ができる人はすごいと思うけど、努力以外に人間関係の兼ね合いもあるから真似は難しいー『ラッシュライフ』と『嫌われる勇気』を読んで

伊坂幸太郎さんの『ラッシュライフ』を読みました。4人+1人の主人公がいて、それぞれが絡み合いながら、伏線が回収されていくのが気持ちよかった。人間にとって本当に大事なものは何かを考えさせてくれます。ダークな雰囲気もありますけど、読んだ後には…

『遠距離恋愛』と『環境の変化による別れ』について考えてみたー『イニシエーション・ラブ』を読んで

イニシエーション・ラブは恋愛小説で、最後のどんでん返しがすごいと評判でした。読んだ感想としては、確かにビックリしましたけど、それ以上に遠距離恋愛になると、人って変わってしまうのだなあと感じたりも。静岡と東京の間でやり取りされる話なわけです…

『今の探偵小説』と『昔の探偵小説』について考えてみたー『探偵・日暮旅人の探し物』を読んで

最近は探偵が活躍する小説は読んでいなかったのですが、今回読んでみた、『探偵・日暮旅人の探し物』は現代チックな探偵で少し驚きました。トリックよりも、個人の能力・まわりの環境・人間関係に重点が置かれていて、時代は変わったなあと感じました。2000…

表紙のデザインが綺麗で可愛いけど、内容には不穏な空気も漂う小説ー『探偵・日暮旅人の探し物』を読んで

久しぶりに探偵物の小説を読みました。五感を視覚以外を失った探偵が出てきて、事件や問題を解決していきます。読みやすかったですし、表紙のデザインもイメージに合ったのもあってスラスラ読めました。今日は、少し変わった探偵小説のご紹介です! 探偵・日…

人の夢をテーマにしたファンタジー小説ー『神様の願いごと』を読んで

あやかしや神様が出てくるファンタジー小説なんですけど、世界観が広くなくて、ある街を舞台にして物語が進みます。神様は夢の神様で、夢を持っている人を大好きなんですけど、そんな中、主人公の『千世』は夢を持たない女子高生として物語に関わっていきま…

ゴールデンスランバーを思い出すぐらい伊坂イズムがたっぷりー『キャプテン・サンダーボルト』を読んで

本屋で平積みしていたので気になった作品でした。私の好きな伊坂さんの作品でもあり、阿部和重との合作でもあります。逃亡劇と戦隊ヒーローがテーマなのですけど、色んなキーワードが散りばめられていて、読んでいた楽しかった。主人公サイド・追ってサイド…

時間の使い方が良い人は仕事が忙しくても読書時間を作れる!5つの読書時間の作り方

読書は大切 読書をすることで、仕事だけではなくて、日常生活も豊かになるとは思います。ドラマの原作を見るだけでも、色んな情報が頭に入っていくのでとても面白い。仕事の場合は、知識がアウトプットに直結するので非常に重要です。 時間がなくても読書は…

本を読むだけでは仕事に活かせない!読書を活かすための5つの魔法の読書法

間違った読書は悪 間違った読書をしていると、本を買うだけで満足してしまって、家に本が増えていくだけです。しっかりした読書法を自分なりに確立することで読書そのものが楽しくなっていきます。 仕事に活かせるように読書をすることで、楽しい毎日にしま…

読書を習慣にしている人は仕事に余裕が生まれる!読書の5つの活かし方

読書で心を元気にする 読書をすることで心が豊かになるというのは、昔から割と聞いてきました。知識や自信、対話力を身につけることで、心に余裕を持たせるのは読書の本質の一つだと思います。 心に余裕を持つための読書術を使うことで、元気になりましょう…

読書の効果を押さえている人は仕事ができるようになる!最強の5つの読書法

読書は大切 読書をすることで、知識を自分なりに解釈して、仕事に活かすことができるようになります。自分の業界だけに留まらず、他業種やブームの本を読むことで、人との話題を増やすこともできます。 読書をつかいこなすことで、仕事に活かせる読書法を使…

仕事にも趣味にも役立つ、読書をもたらす嬉しい効果とは?

読書って効果あるよ!と聞くけど、イマイチ納得できない人も多いはず。私が考える、読書の効果を書いていきます。一つでも当てはまる項目があったら、あなたも読書が趣味ってことです! ストレス発散になる 本を読むと自然にリラックスするからストレス発散…

【読書・感想】「神様の棲む診療所」を読んで感じた「自分の世界を広げる5つの方法」

お医者さんが故郷に帰って、神様との交流を通じて変わっていく話でした。沖縄が舞台で、その土地特有の神様が出てきます。主人公の比嘉篤がどんどん変わっていって、カ可愛い神様と話していく心温まる物語です。現実主義者の篤が変わったのを見て、「自分の…

【読書・感想】出雲のあやかしホテルに就職します 硝子町 玻璃

子供の頃から「幽霊」が見える女子大生の時町見初。就職活動が上手くいかない中で、大学センターから、出雲のホテルへの求人票が紹介されます。そこは幽霊が出ると噂のオバケホテルなわけなんですが、「妖怪」や「神様」たちが宿泊する中で、見初が自分の能…

【読書・小説】殺戮にいたる病 我孫子武丸

とにかくヤバい小説です。犯人の本質や事件の真相、途中の悲しい事件なんかがポイント。読んだ後も、頭に残ること間違いなし。 とくかく、グロい。犯人が異常すぎて、本当にヤバい。二人の視点で物語は進んでいくんですけど、叙述トリックで、最後にビックリ…

【読書・小説】死神の精度 伊坂幸太郎

人の生き死にってなんだろうなと感じました。死神に生きることと死ぬことを支配され、本人は自分の死に対してほとんど関与することができないジレンマ。 人はいつかは死ぬというけど、死神にある程度支配されているのなら、それも運命と言えるのかもしれない…

【読書・小説】『アヒルと鴨のコインロッカー 伊坂幸太郎』

あらすじ ボブ・ディランはまだ鳴っているんだろうか? 引っ越してきたアパートで出会ったのは、悪魔めいた印象の長身の青年。 初対面だというのに、彼はいきなり「一緒に本屋を襲わないか」と持ちかけてきた。 彼の標的は――たった1冊の広辞苑!? そんなおかし…

【読書・感想】博士の愛した数式 小川洋子

大学生の時に読んだ、何とも悲しい話。80分しか記憶が持たない、元数学者と家政婦とその息子のやり取りが何とも切なく、印象に残る話になってます。 80分しか記憶がもたないので、メモ書きした付箋がたくさん貼ってあって、新しい記憶も維持できない悲しさが…

【読書・小説】アルジャーノンに花束を ダニエル・キイス

あらすじ 32歳になっても幼児の知能しかないパン屋の店員チャーリイ・ゴードン。 そんな彼に、夢のような話が舞いこんだ。大学の偉い先生が頭をよくしてくれるというのだ。 この申し出にとびついた彼は、白ネズミのアルジャーノンを競争相手に、連日検査を受…

【読書・小説】『イニシエーション・ラブ 乾くるみ』

あらすじ 僕がマユに出会ったのは、代打で呼ばれた合コンの席。 やがて僕らは恋に落ちて…。 甘美で、ときにほろ苦い青春のひとときを瑞々しい筆致で描いた青春小説―と思いきや、最後から二行目(絶対に先に読まないで!)で、本書は全く違った物語に変貌する。 …

【読書】『告白 湊かなえ』

あらすじ 「愛美は死にました。しかし事故ではありません。このクラスの生徒に殺されたのです」 我が子を校内で亡くした中学校の女性教師によるホームルームでの告白から、この物語は始まる。 語り手が「級友」「犯人」「犯人の家族」と次々と変わり、次第に…

【読書】『そして誰もいなくなった アガサ・クリスティー』

あらすじ その孤島に招き寄せられたのは、たがいに面識もない、職業や年齢もさまざまな十人の男女だった。 だが、招待主の姿は島にはなく、やがて夕食の席上、彼らの過去の犯罪を暴き立てる謎の声が…… そして無気味な童謡の歌詞通りに、彼らが一人ずつ殺され…

【読書】『カラフル 森絵都』

あらすじ 生前の罪により、輪廻のサイクルから外されたぼくの魂。 だが天使業界の抽選にあたり、再挑戦のチャンスを得た。 自殺を図った少年、真の体にホームステイし、自分の罪を思い出さなければならないのだ。 真として過ごすうち、ぼくは人の欠点や美点…

【読書】『フィッシュストーリー 伊坂幸太郎』

フィッシュストーリー (新潮文庫) posted with ヨメレバ 伊坂 幸太郎 新潮社 2009-11-28 Amazonで購入 Kindleで購入 楽天ブックスで購入 あらすじ 最後のレコーディングに臨んだ、売れないロックバンド。「いい曲なんだよ。届けよ、誰かに」テープに記録され…

【読書・感想】『かくりよの宿飯 あやかしお宿に嫁入りします。』の5つの面白いポイント

人間が住む世界から、かくりよに嫁に来た主人公・葵。鬼である大旦那との生活。老舗宿でのドタバタコメディグルメ小説。 時々、冷酷で怖いあやかしの本性などが出てきて、葵が命の危機に晒されます。そんな中で、武器である『料理』であやかしの世界を生きて…

運命の本に出会うための方法について気になった10コのこと

はじめに 本を選ぶのって難しい。何を読んでいいいのか分からなくなる時があります。そんな時には、役に立ちそうな良い記事がありました。本を選ぶ際に、かなり便利な方法だと思います。 tabi-labo.com はじめに 運命の本に出会うために 自分の好きな分野を…

伊坂幸太郎のオススメ小説作品ベスト10

はじめに 伊坂幸太郎さんは人気の作家です。私も好きな作品が多くて、伏線が見事です。魅力的なキャラクターが多いのが特徴。そんな伊坂作品を厳選して紹介します。 はじめに 伊坂幸太郎作品10選 ゴールデンスランバー 死神の精度 陽気なギャングが地球を回…

【読書】仕事に役立つオススメビジネス本ー厳選10冊

はじめに 仕事をしていると、何か参考にしたくなります。そんな時に、やる気が起きてストレス発散できたり、ビジネスのイメージがしっかり残るというような、ビジネス書を厳選して、紹介していきます。 はじめに ビジネス書10選 7つの習慣 自助論 思考は現実…

【読書・感想】『東大首席が教える超速「7回読み」勉強法 山口真由』ー本を読みたいなら流し読み

タイトルで買ってしまったビジネス書・勉強書です。結構、売れているようで、文庫版も出版されています。ビジネスマンだけではなくて、学生にも人気かもしれませんね。東大・主席・弁護士と並んでいたら、買っちゃいます……。 今までも、東大出身の方で勉強本…

【読書・感想】『幽遊菓庵〜春寿堂の怪奇帳〜』をあらすじ・内容を読んで感じた3つのポイント

はじめに 和菓子がテーマで、登場するあやかしも個性的でした。文章も論理的な部分もあって、ミステリとしても面白い。 シリーズは5巻+外伝1巻と人気作になっています。私は1巻を読んでから、面白くて、一気に全巻一気に読みました。 幽遊菓庵 ~春寿堂の怪…

【読書・感想】『君は月夜に光り輝く 佐野徹夜』ー発光病に侵された女性 高校生の恋物語

はじめに 本屋さんでも大きく広告されていた小説。大切な人を失った男子高校生と、発光病と呼ばれる致死率の高い病気に侵された女子高生の恋の物語。 全体的に優しい雰囲気なんですけど、登場人物がどこか壊れていて、普通でない行動をしたりしまう。 余命幾…