ブログ解析〜打ちながら読書〜

ニュースや本についてのコラムを書いています

義理チョコは今や義務チョコに!

今日はバレンタインですが、
義理チョコは昨日に送った人が多いはず。
バレンタインが土曜日なのは珍しいです。

義理チョコは本来は、
感謝の気持ちを伝えるチョコで、
日頃の感謝をこめて
お世話になった上司や同僚にプレゼントとして送るもの。

それが最近では、義務チョコと言われるぐらい
強制的なイベントになっています。

★★★

ヤフーショッピングでは、
義務チョコを推進しているようで、
専用ページもあるぐらい。

義務チョコを送って、
日頃の感謝を伝えるって、
それって義理チョコじゃないの?
という突っ込みも入れたくなりますが。

この義務チョコ。
送ってもいいのですが、一番の問題は、
勘違いされることらしいです。

男性に送って、本命チョコと誤解されて、
職場でトラブルになることも。
男性は、

「プレゼントを貰う=自分好意がある」

と自動変換する人が多いので、
特に気をつけたほうがいいです。

義務チョコを言われるぐらいで、
送らないと、悪口を言われたり、評価が落ちたりと
何かと面倒くさいことになります。

送っても、送らなくてもトラブルになるので、
このバレンタインイベントは
大人の女性から見ると、嫌悪感にしか見えないかも。

★★★

義務チョコ。
この義務感はいいのですが、
元々の感謝の気持ちはどこへ行ったのか。

まわりの影響で無理矢理送られるチョコに
どれだけの意味があるのか知りませんが、
こんなイベントは無くすべきかもしれませんね。

アンケートでも、義理チョコを送るのが嫌という女性が多いみたいで、
色々と面倒くさい。

海外だと、男性女性関係なく、
感謝の気持ちとして、プレゼントを送ったり
食事を一緒に作って楽しんだりと
大切なイベントとして定着しているみたい。

日本は、お菓子メーカーのマーケティングに
ハマっているようなので、
本当の意味で、義理チョコを送る人は
少なくなっているのかもしれませんね。