ブログ解析〜打ちながら読書〜

ニュースや本についてのコラムを書いています

グリエル契約解除に見る日本の球界の現状とは?

news.livedoor.com


DeNAに所属しているグリエルの契約解除が
発表されました。
キューバリーグに参加後に日本に帰ってプレーするはずでした。

怪我の完治を理由に
開幕後に日本へ一度も来る事なく契約解除。
背景には、アメリカへの挑戦があると感じます。

★★★

元々、メジャーリーグと日本の球界では、
年俸などに大きな差がありました。

楽天田中将大がメジャー挑戦した時には、
田中の年俸は20億円以上になりましたが、
日本だと推定年俸は4億円。

約5倍なんですよね。
正直、ここまで差があると
メジャーに挑戦したくなるのは目に見えています。

日本人なら、年俸交渉に
恩義などのお金以外のことも入ってきますが、
日本以外なら、ほぼビジネスライク。

というか、代理人が入ってくるのが一般的です。
代理人は交渉成立なら、獲得した年俸の何%かが
入ってくるはずなので、年俸が高いチームに移籍するのが普通のこと。

だからこそ、DeNAも契約解除に踏み切ったのではないかなと。

私としては、仕方がない部分がありますよ。
自分がグリエルの立場だったら、
お金も貰えて、世界一と呼ばれるリーグでプレーしてみたいですからね。

そう考えると、グリエルの行動は
契約を破ったということは褒められませんが、
実力ある選手ならごく当たり前かなと感じます。

★★★

ただし、日本人は許さないでしょうね。
契約以上に、「恩義」を重視するんで、
裏切ったな!という感情が強いはず。

特に横浜ファンはその気分になっているでしょうから。
楽天のファンの私でも、同じことをあったら
良い感情は湧きませんし、

それなら、日本に一度来て、
契約解除を申請するなどをしてほしかった。


でも、ニュースを見ると、
代理人などの第3者としてしかお話をしていないようで、
グリエルは来日したかったのかもしれません。

ここでも、代理人が登場して、
交渉したんじゃないかなと。
そう考えると、グリエルにはそれほど問題はないのかもしれませんね。

★★★

日本の球界の魅力って、
日本人にしかわからないと思います。

そもそも、世界一のリーグは
メジャーリーグなので、
そのより落ちる球界のことは

あまり知られないと思います。
特にメジャー関係者からしたら、
マイナーリーグ程度の認識でしょう。

それほど魅力がないですし、
メジャーの控え選手などから見たら、
年俸などは魅力的ですが、一線級の選手から見たらレベルは低い。

そうなると、グリエルのような
メジャーでもレギュラーとして通用しそうな選手は
メジャーに行かせたいというのが本音。

まだまだ、世界から見たら、
メジャーよりも下のリーグという認識でしょう。

★★★

実はグリエルも本当に日本に来たかったのかも。
代理人とかチームの事情とかで
来日できなかったして。

そう考えると、
幾分か心が楽になりますが、
Deファンとしては難しい所です。

なんとなくですが、
メジャー相手だと
お金では勝てないので、それ以外で戦うしかない。

といっても、何が勝っているのか。
NPBは日本人には一番ですが、
外国人からしたら、メジャーが一番ですからね。