ブログ解析〜打ちながら読書〜

ニュースや本についてのコラムを書いています

ヨーグリーナは美味しいけど、サントリーはあおり商法しないと売れないの?

また問題になった「あおり商法」 今度の主役はヨーグリーナ。透明な水なんですが、飲んで見るとヨーグルトの味がしっかり感じられるジュースとなっています。ヨーグルトの天然水といった感じ。これを一時販売中止とサントリーは発表したもんだから、お客さんは激オコなんですよ。

 

headlines.yahoo.co.jp


つい最近には、「レモンジーナ」でも同じ問題が起きたのに、舌の根の乾かぬうちに「ヨーグリーナ」事件。もうね、サントリーは何を考えているんでしょうね。意味不明すぎてびっくりします。

ニュースを読んで見ると、生産が追いつかないためと言ってますが、14日発売の商品が数日で売り切れ続出とかありえないです。有名人とタイアップとか、テレビでガンガン広告流したのならわかるのですが、そういうことはなかったですし、いきなり出てきていきなり売り切れ。これってどういうことなんでしょうね?

サントリーが記者会見で謝罪しましたが、これも計算の内でしょう。あおり商法で売る予定で、それを謝罪会見でかわしたんです。レモンジーナの経験を何も活かしていないのがいい証拠。あれだけ騒がれたのに、その対策をしていないとか無能と呼ばれても仕方ないです。

まあ、レモンジーナで味をしめたんでしょう。思った以上に売れたから、じゃあ同じことをして、自社の新製品を売り出そうと。おそらく営業の人間が言い出したことだとは思うんで、社長などはあまり知らなかったとは思いますよ。今回は現場レベルの出来事ですし。

それにしても、こんなつまらないことをしていると、信用度にも関わるので改善してほしい。手段を選ばないやり方はどうかと思います。もしかしたら今度は、お茶系で同じ手法を使った売り出すかも。公式ツイッターアカウント使って、炎上商法でもやるんでしょうか?