ブログ解析〜打ちながら読書〜

ニュースや本についてのコラムを書いています

女性向けにも関わらず、男性に受けている「お嬢様聖水」とは?

最近話題の変な飲料。その名も「お嬢様聖水」一見すると、変な妄想を抱きますが、単にエナジードリンク。女性用の栄養ドリンクで男性向けではない。

 

headlines.yahoo.co.jp


というか、これを考えた人って絶対狙っていたでしょ?女性向けに聖水とか絶対に使わない単語ですし、それなら美容水みたい感じでプリントすれば良かったはず。どう考えても、男性向けとしか思えないんですよね。

作った人は40代とかなら知らなかったで済みますが、30代前半のバリバリのネット世代なら、この聖水って別のイメージを持っていますよ。まあ、ここでは書けないですが、それだけインパクトが強い言葉。

私がこれは戦略の一部と思っています。女性用エナジードリンクとして売るのは建前で、実際は男性向けの商品にするほうが売れる確率は高い。エナジードリンクなんて腐るほど種類がありますし、その中で勝ち残っていくためには、効能よりもインパクト!これが重要。

大手の企業なら資本力というゴリ押しでなんとかいけますが、それができるのが一部だけですし。資本力がなけれればアイディアとインパクトで勝負!これがこの話の本質だと思います。

まあ、男性と言ってもかなりマニアな男性でないと売れないので、そこがネックですが、ヤフーニュースで取り上げられるぐらいまで話題になっているので、新商品を出しても売れるはず。この企業も一気に有名になったので、新商品が楽しみではありますが。

それにしても、この名前を考え出して、それを商品名として実際に売り出す行動力。最近の企業にはない行動力と大胆さを感じます。まあ、これの男バージョンは売れない予感がありますが。いや、イケメンという言葉をうまく使えばいけるかも。