ブログ解析〜打ちながら読書〜

ニュースや本についてのコラムを書いています

楽天の内野陣の崩壊!練習不足が原因か?

今日は日ハムに負けました。正直、最悪な状況。美馬が先発でしたが、自責点1で失点が4。ということは、エラーでの失点が3ということになります。

 

headlines.yahoo.co.jp


最近、楽天の内野陣のエラーが多いように思います。連携不足なのか、内野の守備がかなり甘くなっていますよ。今日もミスが多くて、美馬の状態は悪くないのに日ハムに負けるという結果に。

負けに不思議の負けなしといいますが、今年は守備力低下で負けているようですね。

今日は、サード銀次、セカンド藤田、ショート後藤、ファーストサンチェスという布陣。そこまで良いとは言えないかもしれませんが、楽天の中だと上々だと思います。まあ、銀次は打撃が好調なので、守備も影響があってほしいのですが。

ミスが多いのは、守備練習不足かもしれませんね。守備のチームといえば、落合中日でしたが、キャンプの時には、日が暮れるまで練習していたと言いますから、今年のキャンプでの練習量が少ないのが今のミスに繋がっているんじゃないかと。

守備って、スランプがないので、そのままの実力が物を言います。ということは、ミスする=実力がないということなので、楽天は実力がないということに。

打撃の調子は良いと思います。藤田と銀次は3割キープで好調ですし、松井稼得点圏打率が高いし、それにホームランのあるペーニャも戻ってきました。今日も2点先制したぐらいなので、打撃に関しては深刻ではないと思います。

やっぱり守備ですよね。楽天は野村監督、星野監督時代から守備重視の野球を徹底させてきましたし、その要が内野陣。打たせてとる投手や三振が取れない投手から見たら、内野陣がしっかりしていると、それだけで安心できます。

今の楽天の守備力では、好調の選手、今日の美馬のような投手も見殺しにする可能性も高いので、練習あるのみ。しかしながら、キャンプではなくすでにシーズンインしているので、それも難しいです。時間がないですし、怪我の心配もありますから。

今年は藤田の守備も粗が出ているので、なんか変に緩んだ空気になっているのかなあと思います。大久保監督は2軍監督からの抜擢なので、空気感というか、はっきり言うとなれ合いのような関係になっているのではないかと。

大久保監督も、野村監督や星野監督のように個人名を言いませんし、すべて自分の責任というコメントがすごく多い。これって、自分の責任と言っておきながら、責任の所在が明らかになっていないので、なんかすごくモヤモヤします。

今日は誰の守備が悪かった、投手の悪かった、打者が悪かったなど、ある程度ははっきり言ってもらったほうが、ファンも納得しますし、選手にとっても奮起に繋がります。

練習不足と言っていますが、簡単には練習できないでしょうね。そういうのはキャンプにやるものですし。ただ、特守を毎日行うことで、現状より少しはレベルアップはできると思います。あくまでその場しのぎですが、毎日の練習しか、守備はうまくならないので、しっかりとしたプランを持って行動してほしいなと。

折角ベテランの松井稼、名手の藤田がいるのですから、どんどんアドバイスを貰って自分の守備力を上げていってほしいなあと。特に銀次は打撃が好調なので、守備にもいい影響が出るはずなので、もっともっと上手くなって、打撃の神様+守備の名手として大成してほしい。