ブログ解析〜打ちながら読書〜

ニュースや本についてのコラムを書いています

藤川球児が独立リーグに戻り、高知で野球でするわけ

メジャー挑戦した元阪神藤川球児が高知の独立リーグに移籍するとの情報が開示された。どういうことだろうと一瞬疑ったが、事実のようだ。

阪神という経歴から、阪神タイガースが移籍交渉をしていたというが、当てが外れた。阪神の交渉が下手というの、藤川のコメントから見れ取れる。誠意がないと話した藤川であるが、客寄せパンダの意味合いが強かったのだろう。

正直な話、藤川は阪神に戻ってくると思っていた。仕方がない、これまでの選手の例を見ると、メジャーで活躍できなくなった選手は、複数年契約で、年俸数億で日本に戻ってくるのが基本の流れ。

それを打ち破った、藤川の心意気、反骨精神には拍手を送りたい。

藤川が目指すもの

藤川が目指すのは、日本球界の実力での復帰、もしくは、アメリカへのメジャー契約を勝ち取ること。そのための独立リーグ。自分を客観的に冷静に見れるのは素晴らしい。阪神に戻ったとしても、以前のような実力はなく、まさに客寄せパンダになる可能性が高い。

それを藤川は良しとしなかったのだろう。ある意味、これも男気かもしれない。いや、意地と言うべきか。プライドはあるが、それよりも自分の能力で結果を残せるリーグに行く事が大事に思う心。今回のことで藤川を見る目が変わった。

アメリカなどでは、独立リーグで結果を出し、メジャーに這い上がるのは一般的。それを日本でやるのが、今回の藤川の目的。確かに独立リーグのレベルは、日本のプロ野球よりも低い。しかし、それでも独立を選んだということは、自分自信のことがしっかりと分かっているということ。

阪神に戻れば、数年で数億円は貰えたはず。それを蹴って、あえて独立リーグでの野球を選択した藤川。素晴らしいと言わざるを得ない。

阪神の交渉は下手すぎた

藤川に対して、阪神の交渉は下手すぎる。下心丸出しであり、先発起用など藤川が望んでいない処置を用意していた。抑えは呉昇桓 (オ・スンファン)がおり、以前のポジションは望めない。

藤川サイドとしては、ポジションよりも、「自分が欲しいかどうか?」ということを聞きたかったに違いない。抑えは決まっているから、藤川のメンツを保つために、先発起用など、藤川が認めるわけがなかった。

純粋な実力を判断し、中継ぎからスタートするなど、きちんとした対応をすれば、まだ阪神復帰という可能性があっただけに、藤川の実力以外の部分を評価した阪神サイドの罪は重い。

藤川は独立リーグに行く事が決まったが、これが良い結果になることを祈りたい。