ブログ解析〜打ちながら読書〜

ニュースや本についてのコラムを書いています

交流戦が終わって、セ・リーグの怠慢が明らかに!正直、野球ファンやめてもいいかも

交流戦が終わりました。今日から一休みで、金曜から同じリーグでの試合が始まります。でも、この交流戦で野球ファンをやめた人が多くいたはず。

情けないのは、巨人、特に巨人。DeNAはまあ、交流戦に弱くて、通算では、我が楽天よりも借金がありますから。落ちるのはわかっていました。しかし、巨人は違います。通算で貯金もあって、負け越しの回数も少ない球界の盟主

その巨人がこの体たらくでは、野球界、特にセ・リーグの未来は暗いですよ

・巨人の貯金はたったの2
その巨人。交流戦が終わってたったの貯金が2。しかもそれで首位なんですから。如何にセのレベルが低いかが分かります。交流戦は、なんと、11位が巨人で、12位がDeNA。あれ?交流戦前は首位と2位のチームだったのに。なんだこりゃ?と思いますよね。

別にDeはいいんですよ。勢いが無くなって、例年通りになっただけですし。でも、巨人はいけない。4年ぶりの負け越しで、セは阪神しか勝ち越しがないわけで。その阪神オリックスに3連敗にも関わらず、勝ち越しています。本当に、セのレベルは低いと言わざるを得ません。

今年は試合数が減って、3×6球団で18試合。にも関わらず、この結果は最悪に近い。パはオリックス以外のチームが勝ち越すなど、交流戦の意義は消し飛んでいますね。

DeNAはなんで弱いの?
Deが弱くなるのは、ある程度分かっていました。毎年弱いので、今年も弱いだろうなと。首位でしたが、得失点差がイマイチ高くなく、たまたま上手くいっているだけだという予想も多かったので、私もその通りと思っていましたし。

元々チーム力は高くなく、選手の調子で左右されていたチームでした。ただ、同じリーグでは、メッキが剥がれる可能性は少なくて、そのまま勢いで優勝していたかもしれません。それが交流戦では、まったく白紙の状態で戦ったので、チーム力の差がもろにでてしまいました。

例年弱いので、まったく対策していないのでしょうね。データ分析とかしているように思えませんし、何が原因か分かっていないのでしょうね。今年の交流戦は勝ち数がたった3。11位の巨人でさえ7あるのに。これはどうしようもないです。

・我が楽天が意外な成績
今年の交流戦は、楽天にとっては意外な結果になりました。10勝8敗で、2つ勝ち越し。弱い弱いと言われていましたが、ここ数年は踏ん張っています。

銀次や枡田など、主力が欠けている状態でよく戦ったと思います。則本も本調子ではないですが、松井君の影響が大きいです。9回に勝ち越していたから、ほぼ100%勝つ事が可能です。

先発に戻せという声が多い中、松井君の配置転換は見事にハマりましたね。大久保監督の業績に一つかなと思います。ただ、田中将大も抑えプランもあっただけに、前からチームとして、将来のエース候補を守護神にする計画はあったのかもしれませんね。


それにしても、セはなさけない。去年も広島が失速しましたが、もうセもパもする意味がないですよ。明らかにセが弱いので、パの2軍みたいな印象を受けます。順位表を見てもそれが良くわかりますし。

来年からは、もう交流戦は止めた方がいいのかもしれませんね。