ブログ解析〜打ちながら読書〜

ニュースや本についてのコラムを書いています

セブンイレブンやLAWSONのコンビニドーナツの真の狙いとは?

ネットのニュースを見ていると、

分かっていないなあと、

思うことがあります。

コンビニドーナツ。

別にミスタードーナツに対抗しているじゃなくて、

あくまで、コーヒーを売るための

サブアイテム。

コーヒーと相性のいいのは何かと考えた結果が

ドーナツというだけ。

戦略としては、ミスタードーナツよりは味は落ちても、

手軽に買えて、コーヒーと一緒に飲めるというのが最大の利点。

ミスドのように、ドーナツメインの戦略とはまったく違います。

そもそも、ミスドの業界に殴り込みをかけるわけではなくて、

甘いものを、目立つところに置くというだけの意味しかないです。

コンビニに来てもらう機会を増やすための戦略なんですね。

ケンカするわけでなくて、

住み分けをするだけ。

だから、コンビニとミスド共存していきます。

ただ、10年後はわからないです。

コンビニドーナツがヒットすれば、

質の高い商品を展開させるはずなので、

将来的にはケンカするかも。

セブンイレブンだと、

質の高い自社製品で

スーパーを脅かしていますからね。

ちなみに、冷凍食品もすごくて、

スーパーにあるものよりも

質の高いものがあります。

たこ焼きとかうどんとか。

コンビニは将来的には

他業種を飲み込むかもしれませんね。