ブログ解析〜打ちながら読書〜

ニュースや本についてのコラムを書いています

イングランドとドイツの3位決定戦!バセットも歓喜の輪に!

Wカップの3位決定戦。オウン・ゴールをしたバセットも歓喜の輪を作りながら、イングランドの勝利を味わってます。

・試合後には日本戦でオウンゴールを献上したローラ・バセットらが歓喜の輪を作った。

 
素晴らしい。ドイツには申し訳ないですが、今回はバセットが可哀想だったんで、できれば勝たせたかったので、これは素直に嬉しいです。

ドイツも強かったですが、決勝リーグは足が重く、グループリーグで気合入れすぎてバテたように見えました。

・この試合では両チームともに大会の最終戦を勝利で飾ろうと意気込んだ。



意気込みはイングランドの方が強かったです。シュート数もドイツの方が多くて、防戦一方でしたが、イングランドがチャンスをものにしての勝利。男女合わせて、3位以上は50年ぶりらしいので、すごい快挙となっています。

イングランドはサッカー発祥の地だけに、注目度が高まれば女子サッカーへの投資も増えるでしょうし、BBCが取り上げることで、認知度も高くなりますよ。世界でもっともっと女子サッカーへの投資と人気が高まればなあと。

・後半もスコアが動くことはなく、試合は前後半15分ずつの延長戦に突入した。
・すると108分、ついに待望のゴールが生まれる。
・ファラ・ウィリアムズがしっかりとゴール左下に流し込み、イングランドが先制に成功する。

 
延長に入ってからの試合の決着。試合自体は後半はグデグデな感じと言われていて、評価は高くないですが、3位決定戦で、ドイツもやる気がなく、しまった試合にならなかったみたい。

ドイツは優勝しか意識していなかったので、勝ちを意識していたイングランドとの差が出たのかなと。まさかPKで決着はつくとは思いませんでしたが、それもサッカー。


バセットは良かったと思います。これで負けていたら、一生残る傷を負うことになりましたが、今日の勝ちでリセットできたはず。

代表でのオウン・ゴールは、ファンにも恨まれますから、非常に怖い。それだけに、今回の勝ちのそれが薄まれば良いと感じます。

headlines.yahoo.co.jp