ブログ解析〜打ちながら読書〜

ニュースや本についてのコラムを書いています

藤川球児のインタビューからのメジャーのレベル

ネットのニュースで、藤川球児のインタビューが掲載されてました。

高知に帰ってきた彼ですが、さっぱりしたコメントで高感度アップしました。

100%阪神に行くかと言われた中での決断に黒田と違う男気だと囃し立てるメディアも。

インタビューから好きになったのですが、どこか清々しいのは、メジャーの経験からだと思います。

メジャーの年齢制限

メジャーはマイナーという下部組織の頂点にたたずんでいます。

多くの選手が夢見て、去っていく舞台。他人を蹴落としても這い上がりたいと思う選手だらけ。

藤川はメジャーから見たら挑戦したのはいいですが、怪我が良くなかった。怪我をしたら、実績はある程度リセットして考える必要が出てきて、将来性との駆け引きになりますから。

その意味で、藤川は高齢すぎた。インタビューでもありましたが、チームで一番高齢なのと、怪我の影響で、メジャーに上がれる可能性はかなり低かったはず。

若手を使えば済む話で、伸びしろを考えたら、藤川のチャンスは数少ない。それも日本復帰の一因でしょう。

日本では、実績があれば、成績が多少悪くても一軍で使ってもらえますが、メジャーは実力のみ。怪我しなければ、今もメジャーだったかもしれません。

球児の現状は厳しい

藤川球児の復帰ということ、高知での試合を日本の球団のスカウトも調査していました。

阪神はもちろん、ソフトバンク楽天DeNAなど、中継ぎがほしい球団が参加。

しかし、球児を誉めるスカウトは皆無だったようです。球は遅い、フォームが変わって躍動感がないなど、散々な評価に。

球児には、がんばれーと言いたいですが、まずはしっかりと高知で活躍できるぐらいの調子に戻ってほしい。

全盛期とは言えないでも、プロ野球のバッターと渡り合えるぐらいには、戻ってほしいものです。