ブログ解析〜打ちながら読書〜

ニュースや本についてのコラムを書いています

ミニマリストの境地!絵を見ることで、テレビを見るよりも想像力が鍛えられる!!

hitode909.hatenablog.com

まさかの境地。

はてなブログのトップにデカデカとリンクが

あったので、思わずクリック。

 

絵をテレビの変わりにするなんてすごい。

ある意味、明治時代・大正時代の

絵の楽しみ方だと思います。

 

今は、絵画と言えば

『インテリア』『自慢するもの』『お金になるもの』

だと認識しているので、

ある意味、画期的な手法!!

 

驚きです。

 

私も美術館などに行くと、

これを実践したいとずーっと思っていました。

本物の絵を見ることで、

目を鍛えて、心を鍛えて、自分の人生に活かす。

 

なんか自己啓発みたいですが、

そうではなくて、

あくまで、本を読むように、絵を見たいなと思いました。

 

数時間ずーっと見てみたいですよ。

やっぱり本物の絵って何回も何時間も見ないと理解できないはず。

本でいうと、古典などですね。

 

論語とか大学・中庸、

哲学だと、ニコマコス倫理学・国家などなど。

ちょっと難しいですが、読むに従って得れる部分はあるわけで。

 

ミニマリストって話題になって、

色んな批判などがあったりしますが、

これこそ至高の方法です。

 

テレビがないからこそできること。

絵を単に見るだけで、目が鍛えられます。

 

ただ、これってパソコンがあると

誘惑に絶対に負けますね。それにスマホも。

 

よっぽどの精神力がないと、

これは続かないなあと。

 

思ったんですが、昔の人が

大量の本を読めたのって、

誘惑が他になかったからでしょうね。

 

百年ぐらい前にパソコンがあれば、

アインシュタインだって、

ネットで色々調べたりして、

全然違った人生だったはずです。

 

何か才能を目覚めさせるのは、

誘惑を断つというのも大事なこと。

 

ミニマリストは受験生がなればいいんじゃないの?

と思ったりも。

勉強のみに集中できるんで、

絶対に成績があがりますから。

 

もちろん、遊びながら、部活しながら一流大学に

合格する学生もいますが、

大学行きたいけど、成績が伸びない学生の場合は

ミニマリストになったほうがいいですよ。

 

そんなことを感じた

ミニマリストの記事でした。

 

東大教授が教える独学勉強法

東大教授が教える独学勉強法