ブログ解析〜打ちながら読書〜

ニュースや本についてのコラムを書いています

エンジェル・ハート実写化についての考察 アニメファンと俳優ファンの比較

news.livedoor.com

今日のビッグニュースといえば、このニュース。

エンジェル・ハート」の実写化。「シティーハンター」のパラレルワールドとして人気の高い漫画がついに実写の世界に入ってきました。

このニュースを見た瞬間から、「ああ、アニメファンは怒るかなあ」と思ったり。人気のある漫画、そしてアニメなので、反発の声は必ずあります。

なぜ実写化?

タイミング的には、シティーハンターの新作アニメと被せてきています。特典のDVDで、オリジナルキャストでのアニメだそうで、シティーハンターの名前を広げるためかのかなと。

連載開始30周年なんで、それを記念した『CITY HUNTER 30周年プロジェクト』が企画されているので、その一環とも言えますね。

ただ、エンジェル・ハートは良く思っていないファンも多くて、微妙な作品となっています。元々はシティーハンターの続編という設定でしたが、香が事故で死亡という話の展開から、「続編許すまじ」みたいな風潮になったそうです。

シティーハンターの香はそんなに人気?

シティーハンターでは、槇村香が一応ヒロインです。一応というのは、ほぼ毎回ゲストキャラとして、美人の依頼人が登場するので、話の展開上はそちらがヒロインということになります。

しかし、シティーハンター全体を考えると、ヒロインは香であって、主人公の冴羽獠の相棒として、人気は高かった。

獠自体は、依頼人の女性に関心があるふりをして、ナンパなどを繰り返すのですが、本気の相手の香には、中々本音を言え出せないという、ギャップが獠と香の関係を面白くしています。

その香がいなくなり、代わりに心臓を提供された香瑩(シャンイン)が登場するのですが、ファンにとっては受け入れ難い状況。やっぱり、主人公とヒロインのドタバタ劇を見たかったでしょうし、裏切られた感は強かったはず。

シティーハンターは実写化しないの?

今回はエンジェル・ハートの実写化ですが、シティーハンターのファンに気を配ったのでしょうね。エンジェル・ハートはある意味で、認めていないファンもいるので、シティーハンターほど実写化によるダメージは少ないはずですし。

私はリアルタイムで見たことはなくて、再放送で見ていましたが、「冴羽獠」は理想の男性なんですよ。

普段は軽くて、女性に弱くて、頼りない。

しかし本気になると、強くて、女性に紳士で、非常に頼りがいのある人物に変貌します。男の子はそのギャップにやられてしまったんですね。私も含めて。

それを実写化すると、ファンは怒ります。理想の男性像なんで、それを俳優で具現化させてしまうと、イメージのギャップで到底受け入れることができませんから。

その意味で、エンジェル・ハートを実写化したのは正解だと思います。

アニメファンの見解

本来は漫画ファンと俳優ファンの対立なんですが、漫画が原作なだけに、どうしてもアニメとの対立の方が大きくなります。

声優の方が実際に演技を入れているので、比較してしまうんですね。

アニメファンからしたら、大御所「神谷明」さんとの比較で見てしまいますし、いくら上川隆也さんといえども反発は必至。アニメとは全然違いますし、顔も違います。神谷さんの演技が頭に残っているので、ちょっと違うぞ?違和感あり?ってな具合に。

アニメ視点から見ると、今回の実写化は歪な感じに映るかも。

上川さんのファンの見解

逆に上川さんのファンからしてみれば、なんてことない一つの作品。遺留捜査花咲舞が黙ってないなどで活躍している俳優なので、特に女性ファンが多いはず。それにぐるナイ!のゴチメンバーでしたし、幅広い層から人気があります。

エンジェル・ハートはそんな上川ファンから見れば、原作のある一つのドラマに見えるでしょうね。「花咲舞が黙ってない」も半沢で有名な池井戸潤さんの原作ですから、今度は漫画原作なのかあ程度。エンジェル・ハートのファンとはちょっと毛色が違いますね。

アニメと上川さんの比較

アニメファンから見ると、今回の実写化は許せないといった声もあって、上川ファンから見ると、上川さんはどんなキャラなんだろうと、認識のギャップがあります。

エンジェル・ハートのコアなファンとライトなファンと言い換えてもいいですよね。

別に対立ってほどではないですが、実写化特有の、原作・アニメファンと俳優・アイドルファンの構図になってしまっていて、アンチになりやすいのは、アニメファンかなあと。

しかし、今回は人気の漫画が原作なので、ファンとしては両極端になります。小説だと、主人公の顔や仕草が人によって違いますが、漫画だと明確にイメージされます。

そうなると、原作ファンが黙っているわけがなくて、アニメファンも加わって叩きが始まる可能性も。

実写化では、原作と演じるアイドルのファンとで認識が違いますが、今回は理想の男性像である冴羽獠の実写化。ファンが荒れるのも無理ないと思います。

 

最後に

今回の実写化はびっくりですが、成功するかは上川さん次第ですね。人気のあるキャラクターなので、ちょっとでもイメージと違った叩かれると思います。何せ、20〜40代ぐらいにとっては理想の男性なので、叩きやすいですから。

私はもっとゴツい男性がするものと思っていました。阿部寛さんとか。元々冴羽獠は、紛争地域で幼少の頃から戦っていたという設定があるので、体の大きい阿部さんは適任かと思っていました。

テレビサイドとしては、人気のあるキャラで、万人受けしそうな上川さんに依頼したんだと思います。

おそらく、エンジェル・ハートの先にはシティーハンターの実写化があるんで、ある意味、シティーハンター実写化の試金石になるかも。放送直後はネットで色んな意見が交わされそう。