ブログ解析〜打ちながら読書〜

ニュースや本についてのコラムを書いています

楽天の監督には立浪監督だよね?谷繁監督いるから中日は無理なの?

立浪さんが楽天の監督候補に上がっているそうです。これまで大魔神佐々木さんや引退した斎藤隆さんなどが候補に上がっていました。

二人は宮城に縁のある人なの当然。ただ、星野監督から見たら、中日で実績のある立浪も押したいでしょう。

www.sanspo.com

星野監督から見たら、自分の権限を強めるために、立浪さんを呼ぶ事は考えられます。三木谷さんの現場介入が表沙汰になった今、監督との間に入る役割として、星野さんが絶対に必要。

星野さんは2013年の楽天日本一になった実績がありますから、権限を強めて楽天を強くしたいという想いもあります。現場介入の三木谷さんの気持ちは分かりますが、まだまだ時間を掛ける必要がある。

楽天をもっともっと成長させるために、星野さんの愛弟子とも言える立浪さんの監督就任はチームにとって意義があることだと思います。

星野さんの愛弟子

私は愛弟子だと思ったのは、立浪さんは星野監督政権時に、常にキャンプ初日に久米島まで来た事です。現役の時代の繋がりは、中日ファンではなかったのでよくわかりません。ただ、引退して解説者になっても、キャンプの、しかも楽天の所に来てくれるなんて嬉しいじゃないですか。

当時の楽天はまだ優勝していなくて、星野監督に変わったばかり。ファンも期待と不安がないまぜの時期だっただけに、大物解説者の登場は嬉しかった。

その立浪さんは監督候補に挙がるなんて。お互いよく知っている関係だけに、チーム状況がどうなっても、連絡が取りやすいですし、連携もできます。球団の経営陣との緩衝剤の役目が星野さんだから、三木谷さんの現場介入もある程度は抑えることも可能です。

監督って、ストレスが半端ではないから、上に信頼のおける人がいるとずっと変わってくると思います。ある意味で、究極の中間管理職ですからね。

監督は最高でもあるが最低でもある中間管理職

監督の役割は、チームを優勝させること。基本的には勝つことが仕事になります。上には経営陣、下には選手がいるわけで、その間で生きていくのが監督。

勝てば、フロント、ファンから称賛されて、人生最高の瞬間に。しかし、負けたときが結構厳しい。普通の会社員ではありえない、そのチームのファン全員からバッシングを受けますから。ある意味で、究極にストレスが溜まる仕事ともいえます。

年棒は数千万とか数億とも言われますが、私だったら、ストレスでどうにかなってしまいます。日ハムの栗山監督も、監督になってから顔が変わりましたし、ストレス耐性がないときつい仕事。

勝てば良いということですが、5球団との戦いもあって、簡単にはいきません。監督はいついかなるときでも、批判に耐えないと生きていけない仕事と言えます。

それだけに、初めて監督になる人には強力なバックアップが必要。立浪さんが監督になるなら、星野さんの支援が欠かせないです。

中日の監督になれないの?

中日の監督候補と呼ばれた立浪さん。なぜ中日の監督になれないのか。

立浪和義 - Wikipedia

2013年のオフには、高木の監督退任に伴い中日の次期監督候補の一人として名前が挙がった[26]が実現しなかった。なお一部によるとテレビ解説などでナゴヤドームを訪れた時には、中日の若手選手に熱心にアドバイスを送る姿も見られ、チーム内外から待望論がささやかれてきた[26]他、落合が監督を辞任した2011年のオフにも次期監督候補に挙がっていたと言われている。

 Wikipediaの記事を見ると、落合さんと反りが合わないのかなと。落合さんが辞任した時に監督候補に上がって、GMになるとその声が消えたということは、落合さんがフロントにいる限りは、中日監督の目はなさそうです。

私は立浪さんの現役時代は見た事はありますが、中日ファンではなかったので、人気度は分かりません。元中日・オリックス楽天の山﨑さんは私が楽天ファンだったので、よく知っています。名古屋ですごく人気があるということなんですね。

そのファンの要望も通らないということは、それほど落合さんとフロントの力が強いということです。

監督ってオーナーと仲が良いと、かなりのバックアップをしてもらえるのは知っています。ヤクルト時代の野村克也さんとか、中日監督時代の落合さんとか、阪神の時の星野さんとか、全員がオーナーと良好な関係を築いていました。

その意味で、中日の監督になるには、オーナーとの仲が大事になります。落合さんは中日のオーナーと仲が良いらしいので、その落合さんがフロントにいるということは、ほぼ落合政権とも言っていいです。

立浪さんは、星野さんサイドの人なので、確かに人気はあるけど、中日だと難しいのかもしれません。谷繁監督は生え抜きではないですし、それなのに監督ということは、それだけフロント、落合さんと仲が良いということ。立浪さんは中日の監督になるには、落合さんがいなくならないと無理かなあと思います。

 

正直な話、立浪さんのことはよく分かりません。解説者として、日本代表のコーチとしては知っていますが、現役時代をずっとファンとして追っていたわけではないので。ただし、楽天の監督になるというのなら、話は別です。

やっぱり自分の好きなチームの関係者になられるのなら、調べていこうと思うのは当たり前かなと。

もし、監督になったら初年度は無理でも、3年後ぐらいには優勝してほしいなと思います。星野さんのバックアップがあるんですから、そこを目指してほしい。一つ良くも悪くも気になるのは、コーチ陣ですね。中日関係者なのか、そうじゃないのか。どういう人選になるのかは気になる所。

ソフトバンクの佐藤コーチのように、すごい選手を育てられる人を連れてきてほしい。楽天って新しい球団だから、有名な監督を持ってこないと、世間にアピールできないということはあります。

実は楽天の監督って

田尾さん⇒ノムさん⇒Mr.ブラウン⇒星野さん⇒大久保監督⇒立浪さん???

って流れで、

1年⇒4年⇒1年⇒4年⇒1年というように、1年と4年のサイクルを繰り返しています。しかも、4年間監督している人は、有名な方なんで、ある意味で楽天の監督の法則みたいになっています。

ノムさんも星野さんも楽天の歴史の中で、数少ないAクラス入り時の監督なんで、立浪さんが監督になるなら、それに習ってほしいなと。立浪さんが監督になるのは私は賛成なんで、楽天を再建してほしい!!!!!