ブログ解析〜打ちながら読書〜

ニュースや本についてのコラムを書いています

広島カープのマエケンはメジャーに行くのか?黒田も意見も参考に?

headlines.yahoo.co.jp

今年のオフはマエケンの去就が注目されるでしょう。メジャー志向の彼ですから、どうなるか。ルナの言う通り、マエケンが通用するのはよく2年まで。そこから大幅に投球とかフォームを変えないと通用しないと思います。それだけメジャーは厳しい環境ですから。

ダルや田中が圧倒的な成績を収められず、しかも怪我をするということに。ダルはサイヤング賞も狙えると思っていただけに、この事実はショックでした。マエケンは二人のような絶対的エースよりは少し劣ると思います。数字を見ているとどうしてもそう感じてしまう。

ストレートよりも変化球で勝負するタイプに変化しましたし、ルナの言う事はわかります。日本でも普通に打たれるときがありますし、メジャーで1年継続してローテで勝つのは難しいでしょう。それが現実でもあります。

驚いたのはメジャーの選手が、試合中でも対戦相手のビデオを見るということ。それだけ研究熱心で向上心が高いとなると、研究されるのは時間の問題。継続して結果を出したのは、野茂、黒田だけなので、マエケンがどこまで通用するのか。

ただ、救いがあって、黒田がいることなんですよね。黒田から色んな話を聞く機会があったはずで、メジャーの話も当然聞いたはず。投球術、選手の特徴、疲労の取り方など、参考になる意見はたくさんあったはず。それをどう活かすかはマエケン次第なんですが。

黒田も頑張って今年は2桁勝利しましたし、阪神キラーとして広島を救うことが何回もありました。中日戦でもっと勝っておけばCSには出れたと思いますよ。来年も広島に残留するかわからないので、見れるのは今年限りということも。

 

www.nikkan-gendai.com

ゲンダイの記事ですが、本質をついていて面白いです。今年の広島の負けはほとんど中継ぎが打たれた事。大瀬良が8敗もしているのが原因の一つ。正直、先発に戻したほうがいいですし、結局それが最終戦にまで響きました。

広島の首脳陣は何を考えているのかわかりませんが、中崎と違って先発で実績がある大瀬良がセットアッパーってなんでしょうか?育成という部分もありますが、シーズン終盤で考えることではないですし、結局適性がなかったということになります。緒方監督は育成重視の采配なのか、勝利重視の采配なのかわかりません。

まあ、大瀬良のセットアッパーは悪くはないと思いますが、ファンでも意見が分かれるはず。先発で2桁勝って、これからという時に、中継ぎでは対応が難しいでしょうし。ヒースを使えば良かった。ランナーを出して危ないですが、抑えることは抑えたいた。野村監督なら使ったのではないでしょうか?就任一年目で頑張りは見えますが、納得できない部分ももちろんあります。

黒田は引退の可能性、マエケンはポスティングでメジャー移籍の可能性があるだけに、今年がチャンスでした。中日のカモにされて、八木を打てなかったのが最大の敗因でしょう。いくら投手が良くてもうてないとお話にならないですからね。

セットアッパーを育てて、大瀬良は先発に戻した方が私はいいとは思うのですが。