ブログ解析〜打ちながら読書〜

ニュースや本についてのコラムを書いています

巨人の高橋由伸監督についての考察 ファン目線だと……

巨人の高橋由伸監督がついに動き出しました。キャンプでも精力的に動いていて、巨人を立て直すという気持ちが伝わってきます。来年は安泰の可能性もありますが、代打の切り札の高橋監督や、右打ちのプロ・内野のバックアップの井端コーチが引退したのは、凄まじい影響があるはず。元々、打撃では三割打者すらいない状況なので、打撃力のアップは必須項目。ただ、高橋監督については、就任までの経緯が最悪だったので、ファンとしては、球団にがっかり、高橋監督には同情といったところでしょうか

引退する必要はなかった

正直な話、引退する必要はなかったです。兼任監督という意味ではなくて、他にも人材はいるでしょ?っていう話になります。斎藤雅樹さんや桑田真澄さんがOBとしているので、まずは高橋以外の候補を挙げるべきでしょう。

そもそも、高橋自身納得していないでしょうし、成績もかなり良くて、戦力になっています。代打では、4割近い打率を誇る、まさに代打の神様だったのが、あっという間に外堀を埋められてしまって、監督にならざるを得ない状況に。

入団の経緯からもあるように、まわりに流されてきた人生で、監督まで流されるのは、本当にに可哀想です。もっと他のやり方はあったはず。

他球団にも人気のある選手

高橋由伸は他球団にも人気のある選手でした。巨人は嫌いだけど、高橋は好きという意見は他球団のファンからも聞いたことがあります。松井秀喜さんに通じるものがあって、野球で魅せることができて、人格も優れている選手。イケメンですし、女性ファンも多かった。

その意味では、今回の監督就任に関しては、他球団のファンからも疑問も声がありました。私も楽天ファンですが、監督就任には反対でした。まだまだ現役でも大丈夫な成績を残していますし、別に実力不足からの引退ではない。

巨人の人気を復活させるためだけの引退で、注目させることが目的になっています。この辺は巨人のブランド復活という意味で、高橋しかいない!という球団の意見でしょうが、ファンからしたら到底納得できるものではない。ただ、ファンの声は届くことなく、しかも日本シリーズやドラフトのゴタゴタを狙ったので、注目が分散されることで、強制監督就任に追い込まれましたね。

 高橋の悲しい人生

高橋由伸はそもそも野球が好きではなかった。親や兄から強制的に野球をやらされて、しかも、無理矢理巨人に入ることになったという経緯があったようです。ヤクルトの元スカウトの方の本に、その辺のことが少しありましたが、ネットでちょっと調べると、父親の借金60億(6億の間違いと可能性も)円を解消するために、巨人入りしたとか。

巨人を逆指名する前には、親族会議を行われて、深夜までヤクルトか巨人かで迷ったそうです。高橋由伸はヤクルト、親族は巨人という意見だったそうですが、最終的には巨人入りに。まあ、どこまで本当かはわかりませんが、高橋ってずっとまわりに流される人生なんだなあと思いました。

巨人が親を懐柔したとか噂レベルがあるようですが、ドラフトなんで、そこら辺の駆け引きはあるので、別に悪いとは思いません。あの頃はドロドロしているのが当たり前の時期ですし。

ただ、高橋自身からすると、子供の頃から親や球団の意見に左右される人生なんで、本当に可哀想だと思います。最終的に自分の意見は殺されてしまって、まわりに流されることになっています。『天才』という代名詞の裏側には、そんな悲しい人生があります。

イケメンで慶應で巨人では、他人が羨ましがる才能と学歴と球団を持った希有な選手n一人。その高橋の課せられた人生とは、まわりに流され続ける人生。同情しかないですよ。確かにお金もあり、地位もあり、権力も今回備わりました。ただ、高橋本人は、伸び伸びとプレイしたという願望があって、それを封じる人生ってなんだかなあと感じます。

お金や地位は気にしなくてもいいですが、自分で決めれない人生とは何ぞやという哲学みたいな考えにもなります。高橋監督には頑張ってほしいですが、球団には不信感が残る、そんな監督就任でした。