ブログ解析〜打ちながら読書〜

ニュースや本についてのコラムを書いています

不安って自分との苦しい戦いという考察 漫画から見た不安

next.rikunabi.com

不安ってなんでしょうね。怖い、恐ろしい、などネガティブな未来を予測することだと私は思います。そもそも、不安になっているということは、何かしら自信がないときに発生することが非常に多いです。

リクナビのエントリですが、自分の選択した道が間違っていると少しでも認識するのは、相当ストレスが溜まることですよ。本当は作家になりたかったのに、サラリーマンになってしまった後悔。同じサラリーマンで成功した作家の人に嫉妬して、罵詈雑言を掲示板などで書いたりすることが何かの本か、ドラマかで見た事があります。

自分が選択して、あえて選ばなかった道って、絶対に認めることができないと思います。特に、今は「成功」とは言えない状態の場合は。生活的にも、精神的にも余裕があれば、問題ないのですが、片方でも余裕がないと、途端に他の道を選んだ人を拒絶して、怒るというのは、めちゃくちゃよく分かります。だって、自分の選択肢が現状では、間違っていると認めているようなものだから。

でも、悔やむというのは意味がないこと。タイムマシンもタイム風呂敷もないので、過去にも戻れないですし、今の年齢で戻っても、良い事はないです。それよりは、自分の道をしっかりと歩いて、覚悟して、時には逃げたりすることが、最良の人生を送るコツかなと私は思いますね。