ブログ解析〜打ちながら読書〜

ニュースや本についてのコラムを書いています

広島マエケンのメジャー挑戦に想う事 野球ファンから見たメジャー移籍

news.livedoor.co

マエケンにメジャー挑戦するみたいですけど、どうなんでしょう?マエケンは日本でやることがあると思うんですよ。

私は、ダルや田中が怪我してから、先発投手がメジャー挑戦するのは、少し反対です。少しというのは、メジャーでの投球を一度は見てみたいという意味で、基本は反対。

怪我するのが見えているので、これ以上日本のエース候補を傷つけたくない。それに、マエケンはダルや田中と違って、優勝を経験していませんし、広島にもう一年ぐらい残るべきじゃないかと。

メジャーのスカウトは、先発の4、5番手投手と言っているので、それを聞くとなんだかなあと思います。

球団としては、ポスティングで10億円程度入るのは旨みですけど、正直、マエケンの価値は広島にとってそんなものじゃない。優勝は非常に難しくなります。黒田が残っても、優勝は厳しい。

最近は誰も彼も、メジャーメジャーと行き過ぎな気がします。お金がすべてな気がして、それは良いのですけど、野球生命を著しく縮める挑戦には疑問です。日本で頑張ったほうが、引退後に良い暮らしができると思うのですけどね。

ただ、本人は向上心でメジャー挑戦をするわけであって、悪いことではないです。活躍してほしいですし、頑張ってほしい。

私がこれほどメジャー挑戦に拒否反応を示すのは、「青木宣親の怪我」です。ヤクルトで3割を打っていた選手。3割を目指して頑張っていましたけど、デッドボールで後遺症まで残り、散々なシーズンになりました。

これを見て、「あ、メジャーは危険すぎる」と思うようになったんですね。岩村の怪我もありましたけど、青木には期待していました。まさかの大怪我に、メジャーは恐ろしい所と再認識したんですね。

特にヤクルトファンは同じ想いかも。岩村に続き、青木まで怪我で後遺症まで残っている。本当かどうかはわかりませんが、記事で感情をコントロールできないと見た時には、寒気がしました。そこまでのなのかと……。

野球と投手、どちらも怪我のリスクが高く、野茂さんや、イチロー松井秀喜さん並の活躍ができる選手はもう出てこないかもしれません。投手に関しては、松井さんが現役時代の時よりも、平均球速が5キロ以上速くなっているそうなので、野手・投手両面からも、日本人は厳しい。

向上心はわかるのですけど、怪我のリスクが高すぎて、見ていて悲しくなります。日本のエース格が行ってこうですよ?日本のナンバー1の選手が行ってこんなことになるなんて。私は、日本の選手が何年も活躍できない現状、怪我など、心配なことはたくさんあります。

思うのは、日本人の中でもベストな選手が行って、数年で怪我して、リハビリとか見ると、日本の選手を否定されているようで悲しいんですよ。マエケンも挑戦するなら、しっかりとケアしてほしい。

幸い黒田がいますし、アドバイスはかなり沢山もらえているはず。メジャーで見たいというのが一割と怪我の心配が九割という状況。本当にメジャー挑戦ってなんなのでしょうね?