ブログ解析〜打ちながら読書〜

ニュースや本についてのコラムを書いています

街コンについてお店サイドから考えてみた!

georges.hatenablog.jp

数年前から街コンという言葉が流行っています。婚活に便乗して、お店の売上を伸ばすために男女のコンパのようなものを開く。評判はマチマチで、すっごい良いという所から、肉食系男子しかいないというような怖い所も。

 

 

□貸し切りで大量のお客が来てくれる

 

以前見たニュースでは、当初は街コンは成功だったようです。大量のお客さんが来てくれるので、売上も増加。しかも年に数回開催されるということで、売上が伸び、広告効果もあったとか。

 

50人ぐらいがまとまって予約がとれて、ドタキャンも少なかったようです。全国チェーンのお店ではなくて、その街の居酒屋やそれ風のレストランで開催された。珍しいこともあって、最初は売上などをキープ出来たとか。

 

しかし、そうするとマネする所も多く出てくる。全国的に「街コン」が知れ渡り、色んな所で開催さました。そうすると大都会でも開催されて、ここで悪評が広まってしまった。渋谷などでは、男性が女性目的のみで参加し、色んなことがあったそうで。それによる風評被害で、街コンが廃れたとか。

 

実際問題、街コンって大きな都会では中々難しい。ライバルがそれこそ星のようにいますし、問題のある人も集まってしまう。そうなると、街コンの開催する意味自体が無くなってしまうんですね。折角のチャンスなのももったいない。

 

 

□街コンは大都会以外で開催する?

 

ネットで調べていると、街コンは大都会以外で開催したほうがいいそうです。街コンってコンパより重くて、純粋に異性と話すのが目的。そこにお店と運営会社が参加することによって出会いを盛り上げる。

 

そういう意味では、大都会では難しいですね。お店側としても問題ある人が集まりやすくなるわけなんで、遠慮したい。売上が上がるよりも、問題を起こしたくない。

 

街コンは決して危ないものではないのですけど、今は悪評もある状況。お店側としては、お客がこないことが一番の問題なので、遠慮したいという声もあるそうです。都会ではなくて、郊外で開催したほうがお店側と参加者側両方が満足する結果になるのではないかと。

 

お店側とすると、今は参加するのが怖くなるかもしれませんね。ニュースを見ていると、運営会社もピンキリで、対応が悪かったり、お店の旨みがまったくなかったりする所もあるとか。そんなのは体験したいと分かりっこないですけど、飲食は綱渡りで運営していますから、中々飛び込むことは難しい。全国展開しているチェーン店なら親会社と上手く展開できそうですけど、中々難しいのが現状かな。