Naotoのブログ解析

色んなブログやニュースを見て自分の意見を言う

アリに生き方を学ぶ? 働かないアリもいるのか

aichikenmin-aichi.hatenablog.com

ちょっと興味深い話。

働かないアリの話題についてのエントリ。

アリの2割は働くことはないそうです。

これはアリの数を減らしても変わらない。いるだけで意味がある。

 

 

□社会で意味のあるのは2割?

 

ちょっと思ったのだが、パレートの法則というものがある。

日本全体の2割程度の高額所得者が、日本全体の所得の約8割を占めるとかいう話。

結局、トップクラス2割に入らないと、幸せにはなれないよとかいうこと。

 

アリの話を見ていると、人間にも働かなくてもいい人達がいる。

もちろん、働いているけど、汗水垂らして働く必要はなくて、

高額のお金という安定の元で生活できる人達がいる。

 

仕方のないことだけど、これは真理なのかなあと。

社長とかいうよりも、インフラとかそういう世の中のなくてはならない部分を

握っている人達は、一生懸命働く必要がないから。

 

一生懸命働く必要がなくて、好きなことをして大金を得れる人もいる。

世界は不平等とかいうけど、まあそれは当たっている。

私は別にいいんだけど、ひがむよりも気合でのし上がるしかないと思いますけど。

 

 

□日本はキリギリスに憧れる

 

本当に日本は「アリとキリギリス」が大好き。

昔からこればっかり。汗をたくさんかいて働いておけば、

先に楽になるとか。

 

これって農業の感覚なんですよね。

農業を否定しませんけど、今努力して未来を楽にする。

別に楽になるわけないのに。なんかおかしい。

 

年金のニュースを見ているけど、

今の高齢者も年金がもらえない、少ないと話していた。

アリみたいに高度経済成長の時期にバリバリ働いてもこれ。

一体アリってなんだろうな。

 

逆にキリギリスは数は少ないけど、

大金を得れる人がいる。芸能人、プロ野球選手、投資家 etc……

この人達がアリとキリギリス活動を推進しているのかも。

みんなアリになれば、キリギリスで成功できる人が増えるから。

 

 

□最後に

 

要は日本人はアリになれということですね。

しかも、がむしゃらに働くアリに。

力を抜いて、適度にサボるのが一番効率的な働き方なのかも。

 

昔から根性論がまかり通る日本ですけど、

汗をかく仕事こそが至高の日本ですけど、

それでも日本人ではありたい。

 

とかいいながら、自分の夢は捨てきれない、そんな日本。

アリってなんだろうか。

結局、キリギリスみたいに自分を通した人が一番強いのかも。