Naotoのブログ解析

色んなブログやニュースを見て自分の意見を言う

最近の読書について思う事 読書って楽しいものじゃないの?

yamayoshi.hatenablog.com

shiromatakumi.hatenablog.com

最近読書について思う事がいくつかある。

読書って楽しくするべきなのに、

「読書とはこうあるべきもの」というイメージがついてきた。

私一人の意見であるけど、読書とはそんな堅苦しいものではない。

 

そもそも、読書は日本人はかなり恵まれている。

日本の識字率は9割を超えているし、これは海外を含めても断トツの数字。

文字を読める、理解できるという意味で日本はトップクラスに豊か。

だからこそ読書が変な宗教みたいになってしまっていて、私は悲しくなる。

 

読書が好きな知り合いがいたが、漫画や小説を毛嫌いする人だった。

哲学書、物理書などが一番であり、古典文学なら許容できるような人。

その人がいう読書は何か堅苦しくて、すごく変なイメージを持った。

 

私は自分に危害がなければ、どんな考えでも許容していたので、

別になんとも思わない。しかし、その空気が最近本屋などでも

徐々に出てきているように思う。

 

小説が好きで500冊は読んだ気がする。

東野圭吾からミステリに入り、そこから色んな小説を読んだ。

有名どころやマイナーも読んで、図書館にも行った。

図書館はマイナーな本があることもあるので少しはオススメ。

 

少し話は脱線するが、最近は図書館での勉強は禁止らしい。

意味がわからない。本は学びに直結するものであり。

図書館はそれを否定するのか。それとも勉強する人は

うるさいという先入観が原因なのか?

 

受験生が可哀想。特に経済的に苦しい人にとっては図書館での

勉強は最高の環境。学歴は人生を逆転できる手段の1つだけに、

図書館の自主学習排除の流れは嫌だ。

それなら自習スペースを使わせてあげたら良いと思う。

自習スペースビジネスが活発だからこそ、無料のスペースの存在意義は大きい。

 

話を戻すが、小説は面白い。

ストーリーは荒唐無稽なものもあるが、人の多面性を見る事ができ、

作者の経験も踏まえた展開は素晴らしい。その意味で、小説は人生の勉強になる。

 

しかし、なぜ小説はダメなのか。ちょっと理解に苦しむ。

読書=専門書orビジネス書という変な先入観。

ビジネス書も悪くはないが、頭を使わなくても読める本が大量にある。

数学or物理or文学or歴史を大学生レベルでマスターしないと読めない本は

ほとんどない。あるといっても、翻訳の海外のビジネス書ぐらい。

 

小説は色んなストーリーがあって、幅広い展開がある。

それを無視して、先入観でバカにするのはどうしたものか。

読書の範疇に入るのは小説ではないという。

じゃあ、私が研究で専門書を数多く読んできたことは読書にあたるのか。

 

結局、みんなプライド+カッコ付けなんだと思う。

俺カッコいい!私カッコいい!を貫きたいだけなんだと。

私は小説が好きだし、物理系の専門書も好き。

でも、後者だけが読書なら、「読書」って一体なんだろう?

学者だけが読書を許されるのか?難しい本を読む事が読書なのか?

 

自分が何を読んで、何を学び、何を楽しんだのかを突き詰めるのが読書なはず。

究極は読書で頭が良くなる必要はない。読書はストレス発散だから。

読書は娯楽、そういうポジションで捉えたらいいのになあと。

もちろん、学者になりたい、仕事で成功したいなら話は別だけど、

そうでもないのに、娯楽を馬鹿にするのはどうかと思う。

 

読書って難しいけど、実際はシンプル。

楽しんだものが勝つ。みんな好きな自己啓発本でも言っていること。

そう言えば、自己啓発本を読む事も読書らしいけど、

これはどうなんだろうか?

境界が曖昧すぎて意味不明になってきた。

 

追伸

私は小説が大好きなので、ちょっと気合を入れて書いてみた。

小説が好きで、専門書も好きで、ビジネス書も好きです。

確かに、知識はいらないけど、小説は楽しいですよ。

 

そんなあなたには京極夏彦をオススメします。

姑獲鳥の夏』という京極さんの処女作が凄まじい。

最初に量子力学のような概念が出てきますから。

ちょっとは頭を使って読んでみるのもいかが?