ブログ解析〜打ちながら読書〜

ニュースや本についてのコラムを書いています

ドラマ相棒について 反町さんが悪いわけではなく、無難な展開が意味無し

zasshi.news.yahoo.co.jp

こんなニュースがありました。

反町さん、もしくは脚本がダメなせいで相棒の視聴率が下がっている。

15%は十分誇れる数字ですし、何がいけないのか。

まったくもって意味不明。

 

テレビサイドとしては、視聴率が20%は欲しいのでしょうね。

これまでずっと上り調子か安定的な視聴率できましたから、

『相棒』が変わった新シリーズは是が非でも上げたい。

そういう思惑がある。

 

しかしながら、フタを開けてみれば遠く届かない。

20%は今の日本のテレビ界では相当キツい。

特番なら話は別ですけど、連続ドラマでは。

半沢やミタのように単発ではなくて、長期シリーズはダレる。

 

とは言っても、十分高視聴率。一体何がいけないのか。

1つは、高視聴率に慣れてしまったこと。

テレビ、視聴者どちらとも、安定したからこそ数字が上がらなくなってしまった。

水戸黄門のような時代劇のように、安定しているけど飛び抜けない、

そういう番組になったんですよ。

 

もう1つは、相棒がブランドになってしまったこと。

相棒=ドラマではなくて、相棒=優良なコンテンツになりました。

ただのドラマではなくて、お金の稼げるそんなドラマ。

だからこそ、もっともっと視聴率を稼いで高く売りたい!

その気持ちがあるからこそ、15%という視聴率で焦っているんでしょうね。

 

 

私は、やっぱり無難な展開があるからでしょう、視聴率が下がっているのは。

昔というか、シーズン1から4あたりまでは、意味不明な動機たくさんありました。

常人では理解できないからこそ、常人ではない右京さんが戦う。

そこに相棒が加わって戦っていくという図式。それが相棒だったはず。

 

今の相棒は、「ただの普通の刑事ドラマ」

犯人の動機もありきたりで、到底見れた物ではない。

オチが予想できるんですよ。確かに安心できますけど、

ハラハラした気分がない。

 

亀山君が相棒だった頃は、北海道に出張みたいなこともあって、

割と変化球を狙っていました。

それが今はずっとストレートばっかり。

相棒らしい『犯人』がまったく出てこなくなった。

 

これは安定したコンテンツになったからなんでしょうね。

昔のように尖ったセンスで貫くと、視聴者から苦情が殺到するでしょうし、

とても放送できない。

 

私が怖かったのは、亀山君の大学の友達の話。

検事が裏でどんどん犯罪をしているという事実が

見ていた当時は衝撃的でした。

ライバルでもあり、友達でもあった検事の犯罪。

すべてが猟奇的で、当時はそれが許された。

 

しかし、今はダメ。

小説も段々無難な、優しい小説が売れています。

尖ったストーリーもありますけど、今は無難が一番ということ。

 

かなしいですけど、相棒は今はそういうポイントに来ているんですよね。