ブログ解析〜打ちながら読書〜

ニュースや本についてのコラムを書いています

平成ライダーが丸ごとわかるエントリー! 懐かしさと今は見ていない悲しさがある

nyalra.hatenablog.com

 

仮面ライダーって懐かしい響きです。毎週見ていたのは10年ぐらい前。面白い記事で、今まで平成仮面ライダーが一気に理解できる内容になっているんですよ。私の好きな555や剣もありますし、面白いこと間違い無し!ここまで真剣に平成ライダーを書いている記事は初めてみました。

 

特に、初心者向け的なライダー、マニアック向けなライダーと分けてくれているので、どんな層にでも分かりやすく構成されているのが良いですね。こういう説明記事は、かなり参考になるので、ライダーを1度見てみたい、見直したいという方にはオススメできる記事となっています。

 

 

エントリの魅力

 

この記事を見て、平成ライダーって特殊でたくさん種類があるんだなと感じました。555はおもちゃが人気で、最近までライダー関連では一番売れたおもちゃらしかったんですよ。それぐらい携帯で変身はカッコヨカッタ。記憶に残るライダーばっかりでしたよね。

 

このエントリーの作者のにゃるらさんはよっぽど仮面ライダーが好きと見た。ここまで濃厚な説明は中々できるものではないですよ。小説版もきっちり把握していて、読み応えがあります。小説は復刻版が出たりして、すごくたくさん出版されています。小説が好きならこちらから入るのもありますよ。

 

ちなみに、仮面ライダー555の小説版はかなりシビアです。ヒロインが寝取られたり、仲間がグロい倒され方したり、狂気の元同級生が出たりとテレビではできなかったことが沢山入っています。井上さん独自路線で、本当はこの小説の555がやりたかったはず。

 

 一つ一つの平成ライダーがシンプルにまとめられていて、見やすい構成となっています。最初の仮面ライダーWの記事は一番最初に紹介しているだけあって、導入が素晴らしい。

 

ライダーの紹介の中に、何気にマニアックなネタもあったりと平成ライダーを知り尽くしているにゃるらさんの知識の多さに脱帽。私も何作か全話見ていますけど、全作品は見ていません。特に最近のライダーはわからないですから……。

 

 

ただ、一つだけ。映画も絡めて話してほしかったなと。特に龍騎は、最終回を先行して映画で公開するという画期的な試みをしました。公開当初はかなり批判的な意見もあって、「お金がない人がどうするんだ!」という意見が多かったと聞きました。

 

映画版って本編と繋がりがあったりなかったりと特色もたくさんあるので、今回の記事に絡めてもっと話してほしかった。まあ、ライダーの紹介に書いている場合もあるんですけどね。

 

最後に

 

平成ライダーは私も10年ぐらい前までは、頻繁に見ていました。高校の時には見ていなかったですけど、大学生になり、日曜の朝は暇だったので見るようになりました。結構知識はあると思うのですけど、にゃるらさんには叶いません。

 

平成ライダーは画期的な作品が多くて、特に龍騎は人の願望って汚い場合もあると、心にダイレクトに響かせてくれたので印象に残っています。W以後のライダーははっきり言うと無難ですけど、それ以前のライダーは試行錯誤の時期であり、人の好みが分かれる作品になっています。

 

面白い作品が沢山ありますけど、やっぱり子供の頃とか、時間のある学生の時期にハマった作品が印象に残ります。大人になると見ることは少なくなりますけど、お子さんがいたり、暇だったりしたら1度見てみるといいと思いますよ。きっと新しい発見がありますから。

 

ちなみに、次のライダー映画には、「藤岡弘、」さんがついに1号として復活します。主役として戦うライダーは久しぶりで、今まではゲスト的な出演が主でした。しかし、今回は成長した藤岡さんをイメージしたゴツいライダーなんで期待大です!

 

nlab.itmedia.co.jp

 

nyalra.hatenablog.com