ブログ解析〜打ちながら読書〜

ニュースや本についてのコラムを書いています

眠りは6時間以上欲しいよね、やっぱり

news.nicovideo.jp

 

6時間の睡眠時間って重要な境界線だと思います。6時間寝れると寝れないってかなり違ってきますから。でも、中々に面白い研究ですね。日本でも睡眠の研究をもっとすれば良いのに。でも、日本では、「根性」が称賛される国なんで、睡眠時間が少ない方が、逆に人の受けがいいのかもしれませんよね。

でも、6時間以下の睡眠を続けると、徹夜に近い状態になるのは怖いです。そりゃ社畜は健康を崩しますよ。ぐっすり眠ることが難しい日本なんですけど、このニュースによって、少しでも企業が協力してくれたらいいなあと思います。まあ、無理でしょうけど。

 

睡眠ってお肌にも影響が出るので、特に乾燥肌になりやすい冬場は睡眠時間がかなり重要。夏は湿気が多いのでごまかせますけど、冬はカサカサになりますから。女性が特に大変で、苦労している場面も見た事があります。でも、仕事があると中々寝れませんよ。実際に寝ようとしても、仕事が終わらなかったりして、残業地獄とかザラですし、このニュースに意図としては、もっと休みなさいとしていも、実際に働いている人から見たら無理なコトが多いですから。

睡眠が大事でも、思うようにとれないのが日本の現状。安定した大企業とかでないと難しいです。

 

私としては、睡眠は6時間以上は絶対に欲しい。肌が弱いので、翌日に影響が出ますし、そもそも仕事中にすごく疲れます。体調面での悪影響が出るので、6時間以上は眠りたい。

ただ、このニュースを見ると、日本って睡眠についてはあまり研究しようと思わないのかなあと。特に睡眠系のニュースってマットレスの会社などが率先して行っている印象があるので、もっとガンガン研究してほしいです。寝る事は非常に重要ですし、それによって生産効率も高くなる。眠い目をこすりながらので仕事では、生産性は上がらないですよ。

 

ちょっと前に、はてなか何かのニュースで、幹部クラスのポジションの人は、より多くの睡眠を取らないといけないというものを見ました。その時々の判断において睡眠不足は間違った決断をさせる元凶なので、しっかりと寝ろという話。

しかし、幹部クラス以外はどうなってもいいのかなあと思ったりもしました。現場はいくらでも替えが聞くし、仕事したい人は山ほどいるので、それを統率する一部の管理職はもっと優遇されるベキみたいな暗いバックグラウンドを感じとったので、少し暗くもなり。睡眠時間は大事ですけど、実際に睡眠が必要な人は優遇されないのが今の世の中なのかなあ。