ブログ解析〜打ちながら読書〜

ニュースや本についてのコラムを書いています

ロッテ平沢選手が2軍落ち 楽天オコエとは違うチーム事情と守備

headlines.yahoo.co.jp

 

「ロッテの平沢選手は守備と打撃両方で課題あり。楽天とは違ってロッテは選手層が厚くて、特に内野の華のショートには守備は必要不可欠。ゆっくり2軍で鍛えて戻ってきてほしい。一番気になるのは、本人が腐ることなんで、ゆっくり冷静に受け止めて」

 

ロッテの平沢選手は2軍落ちしました。楽天のドラ1で狙っていた選手で、楽天の地元出身だけあって、楽天ファンも見守っていました。

けれど、今回の2軍落ちは仕方がない部分がある。打撃ではロッテの方が良いですし、選手層も厚い。楽天のオコエ選手は外野手なので、3人の空を狙えますけど、ショートは一人だけ。内野の中でも一番の華なので、守備が苦しいと2軍行きになってしまいます。

 

ここまで4失策と、守備ではあまり良い所はない平沢選手。これはプロと高校との差ですけど、内野特有なんですよね。外野は連携が内野に比べて薄いので、高校で守備に定評があればそこそこ通用しますけど、内野は厳しい。連携、強い打球への対応、ベースカバーなど考えることがたくさんある。

元中日の立浪さんは、新人からショートを守っており、前年のベストナイン遊撃手の宇野勝さんを二塁手にコンバートさせてまでシュートを守らせました。それぐらい守備に定評があったので、一軍に残れた。もちろん打撃も良かったのですけど、守備があってこその一軍。

平沢選手はその守備が現時点では良くなくて、練習の必要があります。将来のレギュラー候補なので、しっかり2軍で練習してきてほしい。

 

楽天ファンとしては微妙な印象を受けます。2軍落ちは楽天イーグルスとしては良い選手がいなくなるのは良いと思いますけど、楽天ファンとしては一軍で見たかった選手。もっともっと練習して、今シーズンには戻ってきてほしいと思います。才能はある。2球団がドラ1で獲得しようとしたんで。今から練習あるのみですよ。