ブログ解析〜打ちながら読書〜

ニュースや本についてのコラムを書いています

自分の小さな「箱」から脱出する方法と読んで見た

 

自分の小さな「箱」から脱出する方法

自分の小さな「箱」から脱出する方法

  • 作者: アービンジャーインスティチュート,金森重樹,冨永星
  • 出版社/メーカー: 大和書房
  • 発売日: 2006/10/19
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)
  • 購入: 156人 クリック: 3,495回
  • この商品を含むブログ (421件) を見る
 

 これは五郎丸さんも参考にしたとかで、かなり話題になっています。

私も読みましたけど、イマイチ分からなかったということ。

箱はつまり先入観と捉えましたけど、それを長々と書いていてよく分からなかったというのは本音。

私には合わない本でしたけど、仕事の特に幹部クラスの人は参考になります。

 

そもそも登場人物が割と実績のある人で新人が対象ではないです。

ビジネス書としては、課長とか管理職クラスの人が見るべきかなと。

だから私に合わなかったというのが私の意見ですね。

実際に読んで見ると分かりますど。

調べてたら要約がありました。

bizpow.bizocean.jp

箱の中とはつまり、あなたの考えていることは相手に伝わっていますよってこと。

これを若い人に応用しろというのは辛いです。

もっとマナーとか電話対応とかそういう本の方が役に立ちそう。

 

貶すつもりはなくて、実際には管理職クラスでないとこの本は応用できないってことだと思います。

正直、若手はそこまで余裕がないですし、ある程度実績がないと使いこなすのが難しいと思います。

アメリカの翻訳本って使える人が限られる場合が多いですし、話は少し抽象的なので、普通のビジネス書とは違います。

なぜ、今売れ出したのか?よく分からない状態です。