ブログ解析〜打ちながら読書〜

ニュースや本についてのコラムを書いています

Youtuberの好きなことして生きて行きたいの本質って何?

nogreenplace.hateblo.jp

テレビでYoutuberが出演して、子供に現実を話したそうですけど好きなことして生きて行くのは非常に難しいって思います。アドバイスとしてはしっかり勉強して大学に行くように言ったらしいですけど、現実はそうなんですよね。

子供はYoutuberを神格化していますけど、現実はとてもしんどいはず。毎日ネタを提供しながら、それを紹介していく。勉強法とか受験攻略とか政治的な問題を題材にしていれば別ですけど、おもちゃなどを紹介して生きて行くのはとてもしんどい。

ヒカキンさん達が生き残っているのって、ネタが面白い+Youtube以外の仕事があるからなんですよね。本を出すとか、イベントに参加するなどして芸人に近いことをお金を稼いでいるんですよ。子供達が考えている好きなことをして生きて行くのとは少し違うと思います。

実際に、好きなことをして生きているのってプロスポーツ選手達。でもとっても過酷な世界。Youtuberの世界も過酷。ヒカキンさんと同じことをして稼ぐのは無理で、トップと同じことをしても意味がないです。ヒカキンさんは当時としては斬新だったからこそ売れたわけで、今から同じことをしてもお小遣い稼ぎ程度。生きて行くのは少なすぎます。

プロ野球でもそうじゃないですか。一流のマネをしても上手くいかないのがほとんど。自己流の生き方を見つけた選手だけが一流になれる。Youtuberも同じ世界で自分のできることをしないと生きてはいけない。その自分の生きる道を見つけるために勉強が必要になってくるんですよ。

高校時代に自己流を見つけれる人は一握りですし、だから勉強して大学に行くなりして自分の道を見つけること。好きなことをして生きて行くってそういうことじゃないんですかね?人のマネをして生きて行くんじゃなくて、自分の道を歩いて行く。

Youtuberだけが人生ではないですし、好きな道は色んな形があるはず。好きなことをして生きて行きたいのは結構ですけど、決して簡単な道ではないですよ。いまの子供達はカッコいいからYoutuberに憧れているだけで、しっかりと自分と見つめ直すのが大事だと思います。