ブログ解析〜打ちながら読書〜

ニュースや本についてのコラムを書いています

何事もコツコツやると結果が出ると猪木VSアリ戦で思った

猪木とアリの試合を見て思うのは、コツコツすると結果がついてくるということ。実際にグラウンドポジションで蹴りを繰り返してアリの足にダメージを与えました。結果的にダメージが蓄積していったこの戦法はどんな強敵でも自分の戦いをコツコツ繰り返すことで結果が出てくると思いましたね。観て感じたことを書いて行きます。

コツコツと繰り返す

・コツコツと繰り返すことで小さな自信と結果が持てる。

・例えば毎日英単語を10個憶えると、一年後には3650個憶えていることになる。

・毎日同じことを反復するからしんどいけど、数ヶ月後、数年後に蓄積された知識などは役に立てるレベルになっている

・ダイエットや健康法も同じで、毎日の積み重ねでどんどん痩せたり健康になっていく。

・コツコツといえば数学。小さな積み重ねで理解度が深まっていく。

・毎日反復はしんどいけど、我慢はいつか報われる。

自分の土俵をもつ

・猪木は自分の土俵で戦ったからこそ戦えた。

・自分のステージを認識して、それを実践できる行動力が必要だと思う。日本人に足りないと呼ばれる行動力だけど、自分の土俵があれば何とかなる。

・中々見つけにくいけど、趣味などを活かすことで見つけやすくなるはず。

・ごく普通のことでいい。読書でもランニングでも。

・それでも自分が日本で500番ぐらいには入れるぐらいには頑張る。それが自信になるから。

結局、昔の人がいった継続は力なりというのは事実。毎日実践することで自分の土俵が持てるようになります。毎日実践するのが大事だと思いますね。