ブログ解析〜打ちながら読書〜

ニュースや本についてのコラムを書いています

都知事選挙は有名人大会なのか?


都知事選挙のニュースで政治は賑わっているけど、都知事選挙ほど有名人が勝つ選挙はない。石原元知事、猪瀬元知事は作家、舛添元知事は政治家・学者の側面がある。今回も鳥越さんが出馬表明をしたけど、勢い的には鳥越さんが有利に見える。東京都知事はいつから人気者大会のなったのだろうか?

一つの東京という場所があると思う。日本一税収が多い都道府県であり、一流企業の本社が陣取る、まさしく首都。人口も多く、ちょっとやそっとの人物では出馬しても信用が得られない。ある意味で、国と正面から議論できる唯一の都道府県なので、有名人でないと有権者の票が集まらないのかもしれない。私としては、政策を語ったほしいのだけど、ほとんどの候補者はそれをしない。芸能人を携えてアピールするとか、記者会見を利用してアピールする。

それはいいのだけど、『私はこう思う』がすべてであり、政策にはほとんど言及しないのが困る。私ならこうするはわかるけど、それが都民に対してメリットがあるとは思えない。聞くのは理想だけで、実際当選すると言うことが180度変わってしまう。初志貫徹してほしいが、本人にとっては都知事になるということに対して初志貫徹したわけで、その後はどうでもいいのかもしれない。

有名人は出馬してもいいけど、政策はもっとアピールしてほしい。調べないと分からないというのは一部の人しか分からないし、折角テレビなどを使えるのに自分の言いたいことだけでは、都民からしたら意味不明だと思う。

「私はこうします!東京のここを変えてみせます!」という候補者もいるけど、理想ばかりで現実的ではない。おそらく、当選前に具体的に言ってしまうと反対勢力によって票が分散したりするだろう。

東京都知事が有名人ばかりになるのは、きちんとした政策を言わないから。そうなると、一般都民は有名人に入れてしまう。みんな同じようなことを政策として打ち出すなら、そりゃ芸能人・文化人が勝つ。どこぞの誰かわからない人よりも、ある程度社会的信用のある人がいいでしょうから。結局、選挙も実績がものを言うってことだろうなあ。

 

東京を変える、日本が変わる

東京を変える、日本が変わる