Naotoのブログ解析

色んなブログやニュースを見て自分の意見を言う

警察だけではなくて著名人からも注意されるポケモンGOの社会問題化について思うこと

news.nicovideo.jp

「ポケモンGOで警察へGO」警視庁や政府からも注意勧告が!! 『ポケモンGO』の社会問題化で浮き彫りになる問題点とは? | ニコニコニュース

ポケモンGOについは賛否両論ありますけど、上記のリンク先はポケモンGOについて、警察からの注意点や著名人のコメントなどが記載されています。日本でこれだけ影響力のあるポケモンGOですけど、警察だけではなくて政府も言及しているぐらい幅広い人がプレイしているゲームです。正直、ちょっと怖いのが本音。たった一つのゲームで日本という国自体が多大な影響を受けていますから。ただ、警察も政府も規制の方向に動かないのがすごいと思いましたね、やっぱり。経済的な利益が多く、政府としてもメリットが多いからこそ規制しないのでしょう。規制したら国民からの反発もあるでしょうし、参院選が終わって都知事選も控えた敏感な時期だけに、政府は規制よりもメリットを優先させたということ。ポケモンGOがこれほどの影響力があるなんて思わなかったです。アメリカで先行配信して話題になってからは、こりゃ日本でハマるなあとは思いましたけど。危険性がある遊びということで、遊んでいる本人にはリスクがなくても、まわりが迷惑するというパターンなんですけどね。

ポケモンGOが問題なのは、知らず知らずのうちに他人に迷惑をかけること。ながらスマホとか最たる例であり、さらに公園に人が集まることで騒音や治安の悪化、ゴミの問題なども考えられます。スマホって相手が具体的に見えないですし、他人からどう見られているかはわからない。ポケモンゲットが最優先になってしまって、迷惑だとかは二の次ですから。ポケモンGOを口実にして、夜中の徘徊なども増えるかもしれませんし、少しは規制してもいいのかもしれないとは思います。ただ、反射的に批判するのはいけませんが、著名人は批判するのが好きなようで理由はわかりませんが、憎悪に似た感情を持っているみたい。

 

やくみつるさんはポケモンGOに対して批判的で、コメントで炎上するぐらい。理由は不明なんですけど、危険性か世間に評判になっているからか、何か分からないですけど、批判をしていました。漫画家でも批判している人がいるんですけど、作品を作ってお客さんを楽しませたりするエンターテイナーとしては賛成するべきだと思いますけどね。何千万人という人を笑顔にしているんで。逆に明確に理由が分かるのがさんまさん。「テレビの敵やぞ!」みたいな話をしたそうですけど、これはよく分かります。ポケモンGOにお客さんを取られてしまったわけなんで、自分の芸で笑ってくれる人が減ったわけなんで、批判するのは当然かと。反射的ではなくて、きちんとした理由があって反論するのはいいのですけど、感情的に批判されると困るんですよね。こっちもモヤモヤ感が残るんで。それとも単に任天堂が嫌いだから批判するのかな?それならまだ分かります。

 

何はともあれ、ポケモンGOは楽しいですけど、危険なソフト。きちんとまわりと見ながら危なくない所、迷惑がかからない所でプレイするのが一番だと思います。まわりに気を使う、雰囲気を大事にする日本人に最適なゲームだと思いますよ、ポケモンGOは。