ブログ解析〜打ちながら読書〜

ニュースや本についてのコラムを書いています

鳥越氏のペンの力から見る惨敗の都知事選挙

中々に衝撃的な記事です。自分の責任を他人に押し付けている感が半端じゃない。ペンの力がダメじゃんという前に、ペンの力を最大にハフィントン・ポストに使われているわけで。インタビューを読むと、鳥越氏のダメさが伝わってきます。自分は悪くはないと話しているようで、どうして都知事選挙に出馬したのか理解に苦しみます。ペンの力がダメなら、ペンの力に使う時に勉強したことを、都知事選挙でまったく使えなかったことを見ると、鳥越氏は勉強しているのかなと感じてしまいます。鳥越氏はブレーンが悪いみたいに言っていますけど、最後の判断を下すのは鳥越氏本人なので言い訳は通用しません。都知事選挙では、勉強不足が露呈し、公開討論も逃げたとコメントされていました。ニコニコ動画のことを悪く言っていますけど、ただでさえ後だしで、アピールする場がなかったのに、なぜ来なかったのか?当選したいなら、何でも使えるものは使って選挙活動をするのが基本なのに。小池都知事や増田氏もきちんと討論に参加しようとしていました。結局、鳥越氏はネームバリューだけを使って当選するつもりだったのかな。