読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Naotoのブログ解析

色んなブログやニュースを見て自分の意見を言う

年収良い企業の『残業少ないトップ500社会』ー仕事の実態が気になる

仕事 ビジネス

残業が少ないという企業。日本だと理想的な会社が多いと思いますけど、学生人気はそれほど高くないような企業が多いようです。僕も聞いたことがなかった企業が多いですけど、年収はそこそこ多い。年収800万円という企業もあります。

 

確かに、残業が少なくて年収が500万円以上あるなら今の日本だと安定した収入です。ボーナスを加味しても、月30万円以上もありますし、独身はもちろん、家族がいても問題ないです。共働きだと年収1000円以上になるので、贅沢をしなければ全然問題ないです。

 

特に残業が少ないというのが魅力的なんでしょう。残業が少ないと自分の時間が使えますし、趣味にも恋愛にも時間を使うことができます。残業=悪な日本だと理想的な企業とは言えると思います。

 

ただ、僕の場合は二人の疑問があって、一つは「残業なくても仕事がきつい」のではないかと。仕事そのものがキツいのではなくて、特に『人間関係』の問題。残業は少ないけどシビアな人間ばかりで、過剰なストレスを受ける場合だと相当しんどいです。それだと普通に残業した方がいいのではないかと思うんですけどね。

 

もう一つが、「仕事の実態」です。いくら残業がないからと言って、まったく興味のない業界に就職するのはどうかなと思ったりもします。もちろんやりたいことがすべてではないですけど、ただ何となく残業がないから就職したでは、スキルもつきませんし、仕事に対する意欲もなくなる。残業があるかないかで職業を選択すると後々後悔するような気がします。

 

実際に残業って少ない企業もたくさんあるようです。でも、やっぱり大企業のネームバリューが大きくて、多少残業があっても年収の高い大企業に行きたい人がほとんどではないでしょうか?何が言いたいかということ、誰向けの記事がよく分からないんですよ。残業が少ない?だったらそこに行こう!と言っても、仕事内容が合わなかったりするわけで、残業主体で考えると、上手くいかないように思います。

 

残業は確かにしんどいですけど、やっぱり自分がやってみたいことを優先して、それがダメだったら転職してみる、ような就職活動をするのがベストなんじゃないかと思います。