ブログ解析〜打ちながら読書〜

ニュースや本についてのコラムを書いています

長生きできる『読書週間』ー本を読むと健康的になって長生きできるそうです

www.huffingtonpost.jp

読書と健康に関して行われた研究の記事です。読書をする人達は、しない人に比べて長生きする傾向が増すという研究結果が発表されたそうです。3000人以上に対して、最大で12年間に渡って調査したという根気の入った研究となっています。

意外だったのは、日本ではともかくアメリカでは、比較的所得の高い人が読書を好むということ。ある意味で、格差社会の本質というか、読書が所得にも関係しているみたいですね。

参加者たちの読書に電子書籍も含まれるかどうかは明らかにされていない。しかし研究の結果、本を読む人たちは、読まない人に比べ、平均2年長生きした。また、一週間の読書時間が3時間半以下だった人たちは17%、3時間半以上だった人は23%、死亡する率が低かった。

僕は読書をしていても、長生きする可能性は5%程度高いぐらいだろうと思っていたんですけど、結構差が出ています。3時間半以下でも約20%なので、読書って究極の健康法なんだなと感じました。

ただ、本なのが重要だそうです。新聞や雑誌でも調べたそうですけど、大きな違いはなかったそうなので。確かに、新聞や雑誌はあまり考えずに、情報収集するコンテンツなので、本よりもじっくり読まないから差が出なかったのかも。

運動とは対極の読書ですけど、うまく生活に取り入れると、健康的な生活が待っているかもしれませんね。

あと、僕は思うのは、漫画についても調べてほしいなと思いました。アメリカでは漫画が日本ほど普及していない、というよりも漫画は子供が読むものという認識な国らしいので、漫画文化の日本で是非研究してほしいなと思います。