ブログ解析〜打ちながら読書〜

ニュースや本についてのコラムを書いています

役に立つのか『自己啓発』ー心のあり方次第

自己啓発って本屋に行くと特設コーナーがあったりしますよね。特に4月とか10月とか。新卒が買ったり、転職したり、人生を変えたいと思っている人が買ったりすると思うんですけど、自己啓発って不思議な世界だと思います。

自己啓発ってそもそも何?

自己啓発じこけいはつ)とは、自己をより高い段階へ上昇させようとすることである。「 より高い能力」、「より大きい成功」、「より充実した生き方」、「より優れた人格」などの獲得を目指す。

自己啓発 - Wikipedia

 Wikipedia大先生が言うにはこういうこと。自己をより高い段階へ上げることらしいです。まあ、いくらでも良い言い方はできますから、これがすべてではない。今の日本の現状、というか今までの人類の歴史を見ても自己啓発って魅力的な言葉だと思います。

自分を身体的に、精神的に、金銭的に、高くしてくれる考え方、さらに実践なのでほとんどの人が飛びつきます。特に、困っている人、何かダメージを受けている人はのめり込むことも。僕も一時期ハマりしましたけど、どの本やサイトでも同じことが書かれてあるので、興味は薄れましたけど。

自己啓発の怖さ

自己啓発セミナーとかありますけど、結構怖いです。自己啓発って何とでも言えるなので怪しい人が開催しているイメージがあります。いや、きちんとした経歴、例えば有名大学教授だと信頼感がありますけど、大抵の場合はちょっと胡散臭い。

これは、誰でも声を大きくすれば言えてしまう怖さがあります。詐欺師みたいに口の上手い人が生き残っていそうで、完全に偏見なんですけど、騙しやすいし騙されやすい世界とも言えると思うんです。

自己啓発セミナーに積極的に行こう!と思える人は、将来啓発セミナーを開きたい人か、何かに困っている人だと僕は思います。しかし、お金稼ぎ目的が多くて、結構な額を取る場合もあり、本当の意味で自己啓発で救われるとは思えません。

自己啓発は目的を持っている人だけ……

自己啓発が役に立つのって、目的を持っている人だけだと思います。プロアスリートになりたい、学者になりたい、社長になりたいなど大きな夢を持っている人。信念がハッキリしているからこそ、自己啓発から得るものも多いはず。

例えば、「想いは叶う」などという言葉があったとしても、目的があれば苦しいときに心の支えになります。自分はこうなるぞ!でも現実は厳しい!って時に自己啓発が役に立つのであって、目的なしにただ「ああ〜楽してお金持ちになりたい〜」みたいに考えると大抵上手くいきません(例外はありますけど)。

自己啓発って胡散臭いですけど、実はプロのアスリートなどは自己啓発っぽい言葉などを発していたりします。怪しい講師とはまったく説得力が違います。自分を高めるのはいいですけど、問題になるのは「自分がどうなりたいか」でしょうね。