ブログ解析〜打ちながら読書〜

ニュースや本についてのコラムを書いています

【スイーツ】セブンイレブンの苺チョコオールドファッションが美味しかった

セブンイレブンのドーナツはレジ前スイーツとして話題になった。コーヒーに合うお菓子として人気のスイーツ。コーヒーで成功したからこそ、鳴り物入りで登場したドーナツ。ただ、思ったほど人気ではなく、保存のためかいつの間にかビニール袋に入れられて登場するようになった。僕は袋なしの方がミスドっぽくて良かったのけれど、ビジネスのため止むなしといった所。ミスドに比べると味は劣る印象はあるが、食料品を買うことが多いコンビニで売っているとあって、僕は非常に好きなお菓子ではなる。中でもオールドファッションは色んなフレーバーが売り出されているので興味深い。

 

いちごのオールドファッションはその色合いがいい。ピンクの苺っぽさが最大限に出されているので、美味しく見える。コーヒーのお供として最高だと思う。苺の季節は今は終わりそうではあるが、1月初旬は苺のスイーツがたくさん売られていた。ビアードパパのシュークリームでも苺のものが売られていて非常に美味しかった。

セブンでも苺味のドーナツが発売され、僕にとっては嬉しかった。色合いが思わず手に取ってしまうような色であり、低価格。100円ぐらいで手軽に購入できるスイーツとしてはレベルが高い。もちろんミスドにいけばそれ以上のものが手に入るが、どこにでもあるわけでないし、会社帰りに買うのも難しいからコンビニは有り難い。

 

結局のところ、セブンのドーナツはあまり売れなかった印象が強い。大きなニュースにもなっていないし、コーヒーの新商品の話題の方が大きい。コーヒーの相棒として有能なお菓子だけに悲しいことではあるが、人気商売で、かつ便利さを追求するのがコンビニの常であるので、売れないのは仕方がない。最近では紅茶シフォンが売られているが、方向性が微妙にズレてきた。レジ前ドーナツがただのレジ前洋菓子になりつつある。個人的には、レジ前和菓子が欲しい所。大福や饅頭、きんつばなど美味しそうな和菓子はたくさんある。洋菓子よりも日持ちしにくいのが難点で、それがネックだからセブンは売り出そうとしないのかもしれない。