ブログ解析〜打ちながら読書〜

ニュースや本についてのコラムを書いています

少年ジャンプの漫画実写化したようなWBCで活躍中の巨人小林誠司選手について

bunshun.jp

少年ジャンプ

今回の主役の巨人小林選手。ここまで活躍するとは思っていなかった。嶋選手のバックアップ要因、さらに菅野投手専属捕手の意味合いが強かった選手だけにこ衝撃的な事実。あの甲子園名勝負の一つ、佐賀北広陵の試合に広陵の捕手として参加していた小林。プロになってから活躍すると、過去の話でさえ美化されてしまうのがジャンプ的な要因の一つ。努力・友情・勝利はまさに小林に当てはまっていることであり、やはりラッキーボーイ的に勝利に貢献している姿が光っている。子供から大人まで大好きな少年ジャンプ。最後には勝利するからこそのジャンプです。ある意味で、ストーリー基本であって、起承転結をまぜることで子供にも分かりやすい話を展開しています。小林はイケメンであり、苦難の末に勝利を勝ち取る。そこには先輩の阿部選手などとの友情や、キャンプなどで努力する姿など、ジャンプの主人公に相応しい姿を僕たちに見せてくれています。野球に興味がなくても、小林に興味を持った人は増えるでしょう。テレビでも特集が組まれているぐらいですから。

イケメン

さらに、イケメンなのも人気の要因の一つでしょう。坊主になりましたけど、それでもカッコいいですから。女性誌にも特集が組まれるぐらいなので、女性人気も高い選手です。実力もあり、イケメン。アイドル的な扱いになる可能性もあって、これからが楽しみな選手になってきています。野球選手はムキムキマッチョマンみたいな人もいますけど、イケメンもいます。それでも実力の世界。活躍しないと人気は出ないのですけど、国際試合で大活躍し、さらにイケメンともなれば男性だけでなく、女性にも人気が出るのは確実。元々巨人ファンの中でも女性には人気で、男性には実力のなさから不人気らしかったのですが、今回の成長による活躍で巨人ファン、さらにはプロ野球ファンからも愛される選手になりつつあります。活躍すると顔つきも変わってくるようで、去年の自信のなさが嘘のように凛々しい姿を見せてくれています。小林の活躍でWBCの勝利の行方が変わってくると思います。イケメンだけで実力が伴っていなかったので、短期決戦でしかも国際試合とのことで壮絶なプレッシャーからそれを実力に変換している小林。短期決戦で大きく成長すると言われる捕手。イケメン戦士から一流プロ野球選手に進化した姿はすごくカッコいい。