ブログ解析〜打ちながら読書〜

ニュースや本についてのコラムを書いています

実情無視の月末金曜日に設定したのが良くなかったー『プレミアムフライデー失敗の理由』

実情無視の月末金曜日に設定したのが良くなかった

プレミアムフライデー。今年の2月から始まった強制15時退社を促すようになったイベント。月末の金曜日だけなんですけど、実際に15時で退社しているという声が少ないのが気になります。大手企業でその中でも数少ない企業だけが実施でてきる気配あり。

旅行業界、飲食業界などお客が見込める日なので、これらの業界で働いている人は休み難い環境です。さらに、テレビ業界も取材やら何やらで定時にすら帰ることが難しいはず。

そもそも、プレミアムと銘打っていますけど月末の金曜はその月の最終営業日になる可能性もあるので普通に忙しいことも多い。だから、午後休とか15時退社は翌月の負担が意味なく大きくなるんで休みたくないという人が出てくる可能性が高い。結果的に、プレミアム感は名前だけで、休めるのはほんの一部の業界のみということになります。何か格差社会の影を感じたりするんで、怖くなってきます。ニュースでは、ハロウィンのように定番にイベントにしたいそうですけど、一年に一度と毎月ではまったく違うと思うんですが。

president.jp

低迷する個人消費を喚起する対策らしい

プレミアムフライデーができたのは、個人消費を喚起するのが理由らしいです。休みを多くすることによって、消費を促して景気を良くすると流れだと思います。これは私達の立場からしたら嬉しいかと思いきや、実際には休めないからあまり意味がない。

休めるのは都会の大きな企業で、15時で帰っても仕事に影響がない人達ということに。特に月末となると、月によっては滅茶苦茶忙しい所もあるので、中々プレミアム感を楽しむ余裕がないです。個人消費と言っても、帰る時間を早くしたらその分遅くまで遊んだりしないと思います。

消費を上げたいなら、逆に給料を上げるとか、残業代を上げるなどするのが一番なんですけど、今の日本だとそれが無理。できるのは資本的に余裕のある企業だけなんで、政治家達はやっぱり大企業を優遇したいということなんでしょうか。しかも、その中でも毎月午後休や15時退社が実現できる企業ってそんなにないような。頭の良い人達が考えた施策なんでしょうけど、現実感に乏しい気がします。もっと他に考えることがあると思います。

毎月末の金曜日という設定

プレミアムフライデーで気になったのは、月末の金曜日ということ。一般的に考えて、月末の金曜日というのは忙しい。定時には帰れる所もあるでしょうけど、15時は早すぎる。取引先などの打ち合わせなどで中々早く帰れない場合もありますし。

さらに、毎月というのも酷な話です。ハロウィンや恵方巻など私が子供の頃には有名で無かったイベント。これらはプレミアムフライデーと同じ個人消費を上げるのが目的ですが、毎月のイベントではないです。1年間で12回も15時退社があるというのはちょっと信じられない。

これが月初だと話は別なんですけどね。月初は月末ほど忙しくないですし、ある程度の余裕があったりします。毎月は難しいですけど、3ヶ月に1回ぐらいだと実現できる可能性はあると思います。月初めに早く帰れる日を作ったとして、それを目標に頑張れますし、余裕があればプレミアムプレミアムで月初の金曜を休みにして3連休にしてもいい。

気になるのは、ニュースなどではこれが当たり前になるよ的な話が続いていること。週休2日制のようにしばらくすれば定着するといいますけど、すごく楽観的に思えます。帰る時間を2時間早くしてもそれほど大きな効果があるのでしょうか。

月初の月曜日

月初の月曜日なら問題ないように思います。

サービス産業の活性化なら、月初の月曜日に早い時間帯の終業を促す「プレミアムファーストデー」を提言したい。月初は仕事も少なく、導入企業も増える。店側からすれば月曜日は人気が比較的少なく、収益化への寄与度も高い。そのほうが内需活性化、企業の収益アップに効果があるはずだ。

店側にもメリットがあり、月曜が早く帰れるならやる気も出るはず。飲食業会からしたら月曜のメリットが非常に大きいですね。月曜には翌日が仕事のこともあり、寄り道せずに帰ることが多いですから。なぜ月末の忙しい時期をプレミアムにするのか気になります。経済学の専門家の詳細なデータでもあるんでしょうか?

とは言っても、3年後ぐらいに定着していたりして。日本人というか人間は慣れる生き物なので、割と普通なことになるかもしれません。週休2日制も有名無実化している企業もあると思うので、結局プレミアム感でも回る企業にいれば月末の金曜日を楽しく過ごせることができるでしょうね。それにしても、なぜ今年の2月からだったのか……。あまりに中途半端なんですけど。4月ならまだ帰れる人が多かったはずなのに。