ブログ解析〜打ちながら読書〜

ニュースや本についてのコラムを書いています

【読書】80点で出来ることを無限に増やすと視野が広がるー『多動力』

ホリエモンこと堀江さんの『多動力』を読みました。ホリエモンらしい切り口で、面白い本となっています。ゼロ並みに売れるかも。

80点を増やして生きていくのは大事。よく言われることだけど、80点を取るのは比較的簡単ですけど、100点を取ろうとするとその10倍以上の努力が必要となってきます。

内容を大雑把に把握して、少し細かいことを憶えれば80点はいけますけど、100点となると、細かく内容を把握して応用もできないと行き着けない境地ですから。実際の仕事だと100点を取れる時点で定年という職種もあると思います。

以前のホリエモンが寿司屋の議論をして炎上していましたけど、私としては納得できる部分もありました。それは、高級店の住み分けが出来るんじゃないかなという点。寿司=高級であると定義すると、仕事年数そのものが価値になります。

要は、超高級店とそれ以外のお店が出てくるんじゃないかということ。高級店で仕事が出来る職人はわずかで、相当な年数の修行の末に行き着けた境地なはずです。それこそ100点を取るような職人さんしかいないお店。中々できることではないですね。

100点は時間が掛かる

勉強でも仕事の世界でも100点は時間が掛かります。仕事の場面でいうと、新卒で入って、10年以上修行してやっと100点近く取れる可能性が出てきますから。研究職なんか分かりやすいです。大学時代から積みかさねているだけ仕事にも活きますけど、結果を出すには学生の頃から含めても10年近く掛かってしまいます。

10年と言いますけど、最低10年で何かの職人になろうとすると20、30年は当たり前。70代が最盛期だという場合もあると聞いたことがあります。

テレビなどで日本の職人特集が放送されていることがありますけど、プロ野球イチロークラスの実力と運がないとそこまで行けません。

これからの時代、100点を取ろうとしても、取る前に仕事を辞めてしまうこともあるでしょうから、これまでとは同じようにしていても苦しくなるだけだと思います。80点でもいいから、自分らしい仕事を見つけていくのも人生です。

ホリエモンは別に職人を貶すのはなくて、若い貴重な時間を無駄にするなと言いたいのだと感じました。若い20代30代の10年って本当に大切ですからね。本にもなるぐらいですし、その期間の過ごし方で人生が決まると言ってもいいぐらい。

職人のように生きないならいいかも

80点を取って行く生き方は職人のように一つの分野に特化しないのなら良いと思います。学者、研究者、モノ作りの職人、漫画家、アスリートなどが代表的。

その分野の世界で生き抜くには、100点近くの点数がないと生き残れないですから、80点ぐらいの成績で他に移るというのはありだと思います。人間、自分に合っている合っていないがありますので。

超一流を目指すなら話は別です。歴史に名を残すメジャーリーガーやノーベル賞受賞者クラスになるには、100点を取り続けないといけないですから。ただ、ほとんどの人はそうではないですから、80点の点数で良いとは思います。

80点で満足して、他の業種に行くのも良い手段です。ホリエモンは社長、作家、投資家など色んな肩書きを持っていますけど、何か3つぐらい肩書きがあったらリスク分散という意味でもいいんじゃないかとは思います。

サラリーマンをしながらタクシー運転手をしている人が昔いたと聞いたことがありますし、今の時代は副業を持っていた方がリスク分散になって生きやすい。ネットの副業の+αで生活が楽になることもあるでしょうし、80点でも十分。

一つの職業で生きるのは難しい時代

これからの時代はよっぽどの専門職でないと生き残るのが難しい時代になると思います。医者や弁護士ですらAIに仕事を取って代わられる時代が来ると言われいますし、自分だけの強味を見つけることが重要になります。

そこで100点を取るのではなくて、大量に80点を取れる分野を作っておけば色んな仕事に役立つと思います。肩書きがたくさんあれば出来る仕事が増えるわけなんで。

ただ、日本では中々難しい話だとは思います。転職を繰り返す人は信用できないと言われる世界なので、80点を数多く作っても信用される可能性はあるかなという疑問はあります。何か一つの事業を成功させるぐらいのことは最低限必要。それが80点の目安。

まずは自分の強味を見つけることが必要です。文章を書いたり、プログラミングで何かを作ったり、自分が楽しめることを見つけることが大切となります。80点を取りまくれと言っても、好きでないと継続は難しいので30点ぐらいで飽きてしまいます。

ホリエモンが言うには、一つにハマって80点ぐらい取れるまでやれということ。多くの人は、30点ぐらいで飽きてしまうからモノにならないわけで、最低80点取れるようにハマることが大切ということが言いたいのだと思います。そう考えると、80点もかなりハードルは高いのですが……。