ブログ解析〜打ちながら読書〜

ニュースや本についてのコラムを書いています

【読書・感想】『週末陰陽師~とある保険営業のお祓い日報~ 遠藤 遼』ー保険営業と人助けがメインな話

陰陽師を題材にした小説で、面白かった。主人公の小笠原真備、姉弟子の御子神ゆかり、式神の梨華、そして、女子大生の二条桜子がメインの登場人物として動いていきます。陰陽師をテーマとしたマンガや小説もありますけど、バトルがメインではなくて、営業の仕事をメインとして、人を助けていくという展開になっているので、スラスラ読むことができます。陰陽師の時と営業マンの時の真備のキャラが違うので、そこも魅力の一つだと思います。

小説の本編前に、登場人物の絵があるんですけど、かなり分かりやすくなっているので、この試みは続けてほしいなと思いました。真備は頼り無さげながらもかっこ良く、ゆかりはクールビューティーで、桜子は可愛いので、イメージを作るにはピッタリ。読んでいる途中でも、登場人物を改めて確認する時には多いに役立ちました。小説の登場人物が多くなると、キャラのイメージが抜けてしまうことがあるんで、ミステリでも参考にしてほしい。

ただ、この作品にも言えることなんですけど、表紙にメインキャラが描かれているからこそできるわけで、濃厚な本格ミステリだと難しいとは思います。ライトノベル寄りな作品がかなり増えている現在だからこそ、できる技かと。私は、キャラクターをアニメやマンガのように描いてもいいと思います。読んでいるうちに変わってきますし、最初のアクションとして、キャラをアニメ風に具現化させてもいい。その方が分かりやすいです。

この作品も『小説家になろう』に掲載されたいた作品のようで、分かりやすくスラスラ読めるのはいいですね。本格ミステリもいいですけど、身近な出来事をテーマにした作品は想像しやすくて、ストレスが溜まりにくい。陰陽師よりも、営業マンの日常の側面が強いので共感できる人も多いと思います。上手いこと、二つの職業をミックスさせた感じがして、ギャップを感じながら読めるのがいいなあと思いました。


営業の仕事、しかも保険の仕事って大変だと感じたのが素直な感想です。結構リアルに描かれていて、もちろんオブラートには包んでいるんでしょうけど、保険の仕事という仕事の側面を見れたのは興味深かった。カフェなどで保険の営業の方が必死に話しているのを思い出しました。登場人物のゆかりはかなり有能なんですけど、真備はいい人過ぎてお客さんを逃がしてしまうタイプですね。人が良すぎて、押し切れないタイプ。

主人公がいい人過ぎるというのは、小説などでよくあることなんですけど、陰陽師になると途端にかっこ良くなるという設定はやはり最高です。男性からしたら、そのギャップが理想で、普段は弱いけど、いざとなると強くなる。ドラマやアニメでも散見されるキャラですが、まさに王道です。桜子との関係も友達というよりは、幼馴染みに近い関係で、見ていてほんわかしていました。真備とゆかりの姉弟子の関係も、適度な上下関係があって、面白かった。


一番気になったのは、陰陽師にも政治力が必要だということ。真備は抜群の力を持つ陰陽師なんですけど、政治的には素人で、罠に嵌ってしまって、陰陽師の世界から追放されてしまいます。あくまで善意の人助けとして、作品の中で活躍している。どんなに力を持っていても、政治的なかけひきができないと成功できないというのはどの世界でも一緒だと思います。いい人だけだと他人に利用されてしまいますし、自分のエゴを出さないと人生上手くいかない。

抜群の力を持ってはいるけど、社会的にはそれほど力がない。自分に出来ることをするという意味では、真備の態度は正しい。だけど、真備にはもっと上に立つ力があるんだから、トップを目指してほしかった。この点はゆかりも言及していて、トップに立てる力があるんだったら、それを行使したほうがいいとは思います。それだけの力を持っている人は世間的に見たら少ないわけなんで。


この作品は、ジャケット買い、表紙で買ってしまうこともあると思います。可愛いタッチで登場人物が描かれているので、読んでみたくなります。保険の営業と陰陽師という、二つの職業を合わせ持った主人公の真備が、ゆかりや梨華と一緒に物事を解決していく。そして、そこに桜子も絡んでいって、物語が収束していく。読みやすいのでオススメです。バトルも少し出てきますけど、キャラの内面、過去にポイントを当てている作品なので、完全バトル物とは違います。

それにしても、登場人物全員がいい人過ぎるとは思いました。真備とゆかりの上司はともかく、主要な人物がいい人すぎて、ちょっと違和感はありました。ゆかりはもうちょっと黒くてもいいかなとか。でも、真備の過去に黒い人物が出てきているので、続編が出るとしたらその人と対峙するんでしょう。純粋でいい人が、黒い人と戦うことで、全員が良い方向に向かっていく。そんなストーリーだったらいいですね。