ブログ解析〜打ちながら読書〜

ニュースや本についてのコラムを書いています

【社会】『プレミアムフライデー』−まとめ・お客さんが来ずに通常営業に戻す話

news.nifty.com 

プレミアムフライデーが7月で半年を迎え報道が減少 客が来ず通常の営業に戻す店も - (1/1)|ニフティニュース

  • 今年2月からスタートしたプレミアムフライデーが、7月で半年、6回目を迎えた    
  • 飲食店経営者は「1時間早く開けるのはしんどい、5回目からは通常営業に戻した」と話す    
  • 「1、2回目はお客さんが来たなって感じはあったが、それっきり」と話す飲食店従業員も

 

プレミアムフライデー始まって、7月で6回目を迎えました。大手企業では、積極的にプレミアムフライデーに午後休の取得や3時退社するようにしているみたいですけど、サービス業にはそれほど大きな売上にはなっていないようですね。コンビニでは、限定スイーツなどが販売されていて、一消費者としては嬉しいですが、大きなお得感はありません。飲食業界ではもっと厳しいようで。

 

テレビなどでは、3、4時ぐらいから営業を開始する飲食店がありましたが、まだまだ厳しいとは思います。プレミアムフライデーが浸透していないですし、1時間早く開けても売上は大きく変わらないですから。それなら、普通に開けてじっくり準備するほうが良い。しかも、東京では、飲食よりも旅行業界に影響が大きい模様。確かに、金曜日の午後が休みなら旅行に行こうと思うのは、当然の流れ。

 

プレミアムフライデーも恩恵を受ける所と受けない所があると思います。コンビニなどは、新商品を投入できますし、営業時間も影響はありません。24時間営業で、限定スイーツなどが売れてくれるなら言うことなし。逆に、個人経営のお店などは、安い商品などで対抗するしかないわけなんですけど、1時間か2時間程度早く退社したからといって、そちらに中々お客さんは流れないですよ。結局、通常営業していた方が、メリットが大きい。1時間多く働いても、疲れるだけで打ち上げはそう変わりませんから。

 

何かの雑誌で、プレミアムフライデーにも大きな経済効果があると書かれてあったと思いますけど、それって、一部の大企業が恩恵を受けるだけで、ほとんどの業界には関係ないのでは?金曜日が休日になるなら影響も大きいでしょうけど、金曜の午後3時退社で大きく経済が変わるとは思えません。あくまで現時点なので、3年後ではまた変わった結果になっていると願いたいですけど、私なら3時退社しても、定時上がりと変わらない行動を取ると思います。