ブログ解析〜打ちながら読書〜

ニュースや本についてのコラムを書いています

【読書・感想】あやかしお宿に嫁入りします 友麻碧

あやかし系の小説が増えてきて、私としては読みたい小説ばかりで嬉しい。表紙が可愛くて、1巻が出版された頃から読んでいる小説です。自分の作る料理で、かくりよを生き抜く主人公に感情移入してしまいます。あやかし系小説ではトップクラスに面白くて、シリーズは今も続いていて、アニメ化もされるぐらい人気になっています。

「あやかしを見る力」を持つ、葵が「天神屋」の大旦那の鬼神に連れさらわれてしまいます。葵の祖父が残した借金のカタとして、大旦那に嫁入りしないといけない葵は、起死回生の一手として、「天神屋」で働いて借金を返済していくという話。得意の料理で、あやかしと交流していき、自分なりの道を切り開いていく話になっています。

実際に葵みたいに、いきなり旅館につれて来られて、結婚の約束をさせられたら滅茶苦茶怖いと思います。しかも、人間でないあやかし達しかいなくて、仲間は誰もいない状態なんですから。それでも、懸命に生き抜く葵ってすごい。料理の腕があって、それがポイントで活路を開いていきます。

何か一つでも強味があると、生きていくことができると実感します。男性主人公だったら、戦いの中で物事を解決していくんですけど、葵の場合は料理という身近な技を使って、あやかし達とコミュニケーションを取る所がいいですね。元々、祖父譲りの霊力があるのが前提ですけど、それだけでは生き抜けないわかなんで。

シリーズを重ねるごとに、料理のお品書きが増えていって、現実に作れそうな料理が出てきます。スイーツ系が食べたいなと思うんですけど、和菓子系も出てきて自分的には満足しています。働くことで、料理をどんどん開発していく様は、やっぱり何でも仕事をすることで、スキルは高まっていくんだなあと思いました。

大旦那と結婚することを迫れている葵ですけど、脅迫感はあまりなくて、1巻以降は、自分の力で歩き出していっています。読んでいて面白くなる小説ですし、女性視点なので、男性が読むと色々と発見することがあります。料理するのは楽しそうですけど、実際に作るのは苦手なので、読んで満足するしかないなとは思います。