Naotoの日記

読書・ニュース系の簡単なコラム

働き方改革を考えながら、有能な社員について参考になった3サイト

 最近、働き方改革がよく聞く言葉なんですけど、これって何なのでしょうね?テレビや新聞などを見ていると、定時には帰れるけど、時間管理しないと仕事が終わらないという声が聞こえてきます。業種によっては、残業ありき(もちろん残業代は出る)という仕事もあるでしょうけど、『働き方改革』って言葉だけ一人歩きしている気がします。

 そんな中、ネットを見ていると割と参考になるサイトなどが見つかりました。有能な社員とは何かについてある程度の見識が得られると思います。あくまで一つの見方なので、有能という定義はたくさんあると思います。私としては、最近の働き方改革と絡めて、働き方って何だろうなあ?という疑問を呈しながら紹介していきたい。

mraka2015.hatenablog.com

 碧乃あか男(id:mraka2015)さんの記事で、あか男さんが休職中に、製品の品質がガタ落ちして、営業も仕事が取れずに、パワハラなどが頻繁に起きている職場になってしまった。たった一人の社員が休職しただけで、会社の状況がかなりひどくなっているという話です。

 一番驚いたのは、あか男さん以外の人達が、製品について知識も技術もないという点。私もエンジニアなので分かりますけど、製品を作るのに知識や技術は必須。なのに、あか男さん以外の社員が勉強不足というのは意味が不明です。技術職でなくても、あか男さんがいないという状況を想定すれば、勉強の必要性が分かるものなのですが……。製品を作るには知識などは大切なはずなのですが、知らぬ間に、会社があか男さんに甘えていたということなのでしょう。

 少し本を買って勉強すればいいのにと思うのですが……。私も上司や先輩から色々怒られたり、教えてもらいながら勉強したので、知識や技術の大切さは実感しています。しかし、会社で唯一の技術者があか男さんだという状況では、会社の他の人は勉強する気も起きないでしょう。たった一人の技術者に任せておけばいいのだから……。

 かなりひどい気がしますけど、会社としてはあか男さんが有能さに気づいていなかったということなんでしょうね。邪推ですけど、製造なんて簡単、素人でも出来る出来るなんて考えていたかもしれません。技術者の一人として言わせてもらうと、製造は相当過酷で専門知識のオンパレード。だから、毎日が勉強。

 その中で、一生懸命勉強してきて、会社の中で抜きん出ているあか男さんはすごいと思います。有能な社員ということが、皮肉にも休職していた中で分かったこの記事。技術者って、営業の人から軽く見られることもありますけど、相当なスペシャリストです。だから、会社としても、技術者の大切さを分かってほしいな。

 

anond.hatelabo.jp

 バカは言う事聞くんだけど無能だし、賢い奴は有能だが出て行っちゃうし…。バカな有能ってどこかにいないか

 という文章なんですけど、割とシビアな意見。賢い奴は有能とあって、確かに仕事が出来るなら転職します。無能の定義がよく分かりませんけど、言う事聞く代わりに、仕事ができないということでしょうか。バカな有能ということは、言うこと聞く賢い奴ってことなのかもしれない。仕事が出来るとなると給料が良い企業に移るのは自然な流れだと思いますね。

 

anond.hatelabo.jp

 上のダイアリーに対する反応で、給料を上げれば辞めないし、会社の業績も上がるという話になっています。今世の中では、頑張っても給料が上がらないことが問題になっているわけで、その給料を上げることで、モチベーションがアップして、企業の売上が上がるなら言うことなしなんですよ。給料を上げたから報いようと努力して、仕事で結果を出して、企業も潤う。好循環なのは間違いない。

 だけど、一つ思うのは、若い社員だから出来るんじゃないかなあと思います。基本給が低い所から、毎年2万でもアップすれば、確かにモチベーションは上がりますから。それに若い人は、収入アップが精神的余裕に繋がるので能力も上がると思います。昇給は良い手段だと思いますけど、仕事への吸収力が高い、若い人向けの処方箋だと思いました。

 さらに、若い時には知識が不足がちですけど、昇給して、もっと結果を出そうと頑張っていると、自然と勉強など頑張るようになって、自分を高めていく嬉しさに目覚めると思います。いわゆる、向上心ですがやっぱり目に見えるお金がたくさん貰えるとなると、そりゃ頑張るというのは人間だから仕方がない。

 この前テレビを見ていたら、地方のトラック宅配業者で、高卒の新入社員に対して、かなり高い給料を払うとありました。最初の一年はトラックの練習で給料も平均的ですけど、2年目からは、大卒並みの給料が貰えるとあって、二人の10代の青年は頑張って練習していました。昇給はやっぱりモチベーションアップの鍵なので、こういう思い切った行動する企業が伸びていくのかもしれません。

 有能な社員が出来上がっていく仕組みの一つに、昇給というのはありかなと思います。金銭的・精神的余裕が出てきて、仕事をする中で向上心が芽生えてくると、自然と知識や技術、ノウハウが貯まっていき、賢い有能な社員になっていく。ただ、それが簡単に実践できるとは思い無いので、業界と職種によって大分変わってくるとは思いますが。

 

garbagetown.hatenablog.com

 garbagetown (id:garbagetown) さんの記事で、外資系に転職したことによって、充実した会社生活が送れるようになり、転職して本当によかったという話です。親切でコミュニケーション能力が高いエンジニア、オフィスの開発環境、豊富なe-ラーニング、英語の必要性が高い職場環境など、前職よりも待遇や環境に改善が見られ、充実感が伝わってきます。

 転職というと、日本ではネガティブなイメージもありますけど、これほど上手く転職できるなんて素晴らしい。きっかけは、職場環境や家族のことがあったみたいですが、記事を見ていると、仕事の充実感が伝わってきます。元々、技術力が高くて、Webアプリケーションの開発などをこなしながらチームリーダーとして活躍していたgarbagetownさん。

 技術職のある意味で理想型とも言える転職。しっかりとした技術的なバックグラウンドと管理職としての経験、しっかりとした情報発信が鍵になったみたいです。客観的に見ればすごく優秀な人だと感じました。世間が言う有能ってこういう人を言うのかなと。やはり、しっかりとした技術力と情報発信力が大事ってことですね。

 しっかりした技術力があるからこその仕事ですし、転職でも強味になります。何かの専門分野に特化した技術と職務経験があるということが、有能な社員の一つのモデルになると思います。働き方改革の本質は、平均的にみんな有能な社員になって、時短をしようというものですが、いきなり言われても、garbagetownさんレベルには中々なれないと思いました。

 転職の一つのきっかけとして、家族が加わるというのは非常に大きなもの。家族のために働くのがすべてとは言いませんけど、やはり大事なこと。働き方改革には、家族と過ごす時間の増加という意味も含まれていると思います。人によって、親だったり、子供だったり、配偶者だったりするわけですけど、家族環境の変化で転職するというのは、頂く給料によって転職するのとはまた違った意味合いがあります。


 有能な社員の例や経営者の視点を見て見ると、優秀な人は、お金も大事だけど、モチベーションの向上とそれに伴う高い技術力を持っている人です。働き方改革で定時までに仕事をするなど、労働時間が減りますが、何か一つでも強味があると、会社にとって必要な人材に成長することができます。ただ、その強味を見つけることが難しいわけなんですけどね。