Naotoの日記

読書・ニュース系の簡単なコラム

カフェで勉強するということ

集中力がほしい時には、カフェで本を読んだり、勉強したりしています。学生の時もそうで、社会人になってからも休日なんかはよく利用する。平日は、寄ると帰るのが遅くなるので、時間に余裕がある休日だけの密かな楽しみ。

 

スタバは人が多すぎて、話する人がたくさんいるので、たまにしかいかなくて、チェーン店の中でもお気に入りのお店があったりする。ドトールもオススメ。だけど、スタバもお店によって全然人の入りが違うので、何回か通って雰囲気を感知するのがいいと思う。

僕のお気に入りのカフェは話をする人が凄く少なくて、かなり集中できる。コーヒーも安くて美味し上に、サンドイッチやホットドックも旨い。休日は17時頃が快適に楽しめて、重宝してる。

人が勉強なり、読書なり、ゲームなり、会話しているのですが、人がいるというある種のプレッシャーから、思いの他集中できます。何気ないことよりも、難しい専門書とか読んでいると理解が深まる

ファミレスでもいいと思うけど、近くにないし、僕の場合は食事がメインになりそうなので、カフェにしてる。コーヒー派で、行くごとに違う種類のコーヒーを頼んだりして、読書とコーヒーを楽しんで、いいストレス発散にもなるのがいい。

前に知り合いに、カフェで勉強しているといったら、かなり驚かれて、「他の人が気になって集中なんてできない」といわれたのを思い出した。人によっては逆にストレスが溜まって、おしゃべりしているほうがいいと思うんで、人それぞれ。

営業とかしている人だと、美味しいコーヒーを入れるカフェが自然と見つかると聞いたことがあるので、カフェ巡りはやっぱり色々と歩き回っている人が有利なのかもしれない。僕の場合は、自分が集中できる空間がほしいと思っているだけなんで、カフェ巡りの領域は狭いのだけど。

人によっては逆効果もあって、家のほうが集中できる場合も多々ある。でも、カフェだと美味しいコーヒーが飲めるので、気晴らしに行ってみるのもいいと思う。