Naotoの日記

読書・ニュース系の簡単なコラム

DVDを見ながら勉強(作業)すると楽しい

僕はDVDを見ながら、勉強したり、本を読んだりします。意外と集中力が保たれて、勉強が捗ることが多い。Blue-Rayを見ながらでも同じ状況になったりします。人がいると逆に集中できる体質みたい。

 

でも、うるさすぎるのは駄目で、バラエティーとかお笑いだと難しい。ドラマやアニメを見ると集中力が増してくるのが分かる。音楽を聞きながら勉強するのと似ているけど、視覚情報がある分、普通に考えると集中力が分散してしまうのではないかと僕も不思議に思います。

ポイントは、何回も見たことがある作品がいい。最近だと、カリオストロの城とかラピュタとかジブリ系、それに君の名は。みたいな優しい作品が好きで、うるさくないし、何回も見ているから安心出来る。この安心感が心地よく勉強できる要因なのかも。

後は、コマンドー古畑任三郎なんかもいい。かなりマニアックだけどなぜか安心できる。勧善懲悪だし、ストレスが溜まり難い作品ですからね。中学生ぐらいの時からこの勉強法をしているけど、何だかんだいって相性がとてもいい。

勉強法って自分なりに合ったものをを探さないと意味がないけど、探すのが結構大変。子供の頃から分かっていれば楽なんだけど。読書の場合も同じで、DVDを見ながらの方が集中できたりする。かなり不思議だけど、自分なりに探した結果がこれなので仕方がない。

勉強本も読んで、勉強法の勉強をしたんですが、やっぱりこれ以上のものはなかった。まあ、テスト前とか大事な勉強は無音でやったりするんですけど、日常的な読書とかまったりした勉強ならこれで十分だと思います。