Naotoの日記

読書・ニュース系の簡単なコラム

自分が満足する文章とは

自分が満足する文章ってすごく難しいと思う。そもそも何が基準か分からない。ブログだとアクセスを稼いだり、読者稼げたりできる文章だったりするんだけど、それも何だか違うかなあと感じます。

 

ブログに文章を書いたり、本の感想や勉強したことをノートに書いたりしても、満足感はあまりないことが多い。見返しても、理解はできるけど、書いて良かった〜とか思わないし、面白いのは面白いけど、至上の文章が書けた!とか感じません。

文学畑の人なら、文章に満足感を求めるのも仕事だと思いますし、職人のように、言葉の感覚を研ぎすませて、文章を輝かせることに人生をかけているように感じる。

要するに、満足する文章って、文章を書いて生計を立てているとか、言葉を紡ぐのが好きな人ができることなのかなあと。僕の場合は、書いている内容が大事でどうしても実用的な側面が気になってしまう。

文章に満足できる人ってそんなにいないのではないか。文章を書いている人は、SNSとか利用している人を含めたとしても、「自分の文章にうっとりする」ことって起きるのか。僕は、ノートとかに書きまくって、それが貯まっていると満足感を得るので、方向性の違いなのかもしれないな。