Naotoの日記

読書・ニュース系の簡単なコラム

ブログって思ったことを適当に書くだけでいいんじゃないか

ブログを書いていると、「何を書いていいか?」「ヒットする記事を書きたい」と思うのは仕方がありません。ブログを始めたきっかけって、承認欲求を満たしたかったり、ビジネスをしたかったりと様々。僕の場合は日記の延長になればいいかなと思って始めました。

 

f:id:naoto5511:20180212130613j:plain


ブログは元々日記?

ブログって最初は、日記感覚で広まったものだと思います。僕も学生時代に始めていて、日記のように使っていました。自分らしく使うからこそ毎日でも書けますし、しんどいこともない。


ただ、ビジネス目的で使ったり、承認欲求のために使うと結構面倒くさい。アクセス数とか気になりますし、思ったことがそのまま書けなくなることも十分にありますから。


ブログが書けなくなる理由って、ネタがなくなったり、読者の顔が見えすぎるのが原因だと思うので、自分らしく書きたいことを書けばいいんじゃないかと思いますね。


どのブログサービスでも、人気ブログは自分の言いたいことを書いています。自分の世界観を作っていて、そのために思ったことを適当に書いているからこそ、キャラが出てきているからこそ、みんなが見るという構図になっています。


日記ほど赤裸々に自分自身を出す必要はないですけど、自分の思ったことや好きなことを適当に書くだけで、ストレスなく書けるんじゃないかと思います。


ブログをビジネスに?

最近は、アフィリエイトや自社サービスの一環としてブログを使っている人が増えました。僕も否定はしませんし、ビジネスチャンスがあるならどんどんやるべきだとは思います。


一方でブログを楽しみたい人もいるわけで、住み分けが難しくなっています。お小遣い稼ぎとしてブログを経営するのはいいですが、ビジネス一色だと、よほどキャラが濃くない限り、人気が出難いでしょうね。


適当に思ったことを書きつつ、お金が稼げるというのは割と嬉しい。でも、それ専業になってしまうとまた難しくなります。失敗したら終わりで、ブログの記事にも敏感になってしまう。


ブログの記事が書けなくなるのは、そういったお金目的やそこから来る読者目線も原因なんで、お金目的であっても、自分の思っていることを書いたほうがいいなあとは感じます。どこかのコピペではなくて、自分の言葉で書いたほうがスッキリしますから。


ブログを書くことって結構大変ですが、継続していればそれなりに面白いですし、達成感が出てきます。承認欲求もそうですけど、日記といっても、ブログのコミュニケーションツールの一つなんで、読者の視点が忘れないようにしたい。でも、それのみを考えると、何も書けなくなるのもまた真理が気がする。