Naotoの日記

読書・ニュース系の簡単なコラム

関心の中心は、20代は野球・30代はサッカー

f:id:naoto5511:20180310135607j:plain

 

 割と驚きの結果となっています。Yahoo!のスポーツニュスーの中で何が一番よく読まれているかを分析すると、20代は野球、30代はサッカーらしい。僕としては逆のイメージだったのですが、小・中学生の頃に大活躍していた選手がいたスポーツが人気になっているらしいです。20代だと田中選手とかダルビッシュ選手が人気があって、30代だとJリーグの開幕と日本代表がWカップ出場があったので、野球とサッカーで世代が分かれているとのこと。僕が子供の頃は、松井秀喜さんが活躍していた頃なので、20代、30代ともに野球が大人気だと思っていました。

 

 子供の頃に影響を受けたスポーツは、大人になってからも関心が続くもの。オリンピック選手の幼少期の話を聞いたり見たりしていると、子供の頃の体験が大人になっても色濃く残っている。子供のときに関心があった競技は、自分の中で大きくなるからこそ、大人でも無意識に目に入ってきてしまう。野球人気がなくなってどうしようと、野球業界が悩んでいるというニュースを見ましたけど、子供にとってヒーローになれる選手がいないと関心を植え付けるのは難しい。サッカーに関しては、ヒーローが不在になっているので、次の世代でも引き続き野球の人気が維持されていくと思う。